ボク、運命の人です。ドラマのあらすじは?

ボク、運命の人です。

この記事のテーマは【ドラマ『ボク、運命の人です。』のあらすじ紹介】です。2017年4月期のドラマ『ボク、運命の人です。』がいよいよ日本テレビ系列で、土曜日の夜10時からスタートします。どんな楽しいドラマになるのでしょうか!

  • この記事の担当は、N(えぬ)さんです!

スポンサーリンク

ドラマ『ボク、運命の人です。』あらすじ

ドラマ『ボク、運命の人です。』出演は2005年に共演して依頼12年ぶりになる亀梨和也さんと山下智久さん。そして今注目の女優さん木村文乃さんです。

ずっとすれ違いながらも同じ空間に居合わせていた正木誠と湖月晴子。

2人が30歳になったある日、誠の前に自分を神と名乗る謎の男が現れ、誠に晴子はお前の運命の人だと告げる。

そしてその神の言葉に促されるまま誠は晴子に声をかけてしまう。

といった内容のストーリーになっています。

なんだか山下智久さんの主演だったドラマの様ですよね。それも神のような存在が居て、山下さんの恋の手助けをしていました。

でも今回はその山下さんが神の役なんですよね。しかも、相手が『野ブタ。をプロデュース』依頼久しぶりの共演となる亀梨和也さん。

このドラマでは雰囲気も息もピッタリな感じだったと思います。でもまだ高校生役だった2人。幼い雰囲気が残っていましたよね!

その2人が30歳を過ぎての共演となり、今度は少し大人になった2人の絡みが楽しみでもありますね。

いきなり「運命の人」!

そして、山下さん演じる誠が突然告白する相手湖月晴子。いきなり「運命の人です」だなんて言われてしまうなんて思いきり引きますよね。

しかも晴子は運命だなんて信じない現実派の女性。誠の告白を何度も断ることになりますが、一体その気持ちが変わる時がくるのでしょうか?

そんな晴子役に、今やいろいろなドラマで観ない時がないと言ってもいい程の女優さん木村文乃さんです。

木村さんをよく観ているファンの方なら、誠にいきなり告白されて思い切り誠を不審者の様な扱いをする木村さんの様子が、手に取るようにわかりますよね。

きっと笑ってしまうシーンがたくさん出てくるように思えます。

スポンサーリンク

こんな時代だからこそ「運命」?

それにしても、この文明が発達した今の世の中で、運命だなんて感じる事はあるのでしょうか?いえいえ、今の世の中だからこそ、もしかしたら運命と言える事が起きるのかもしれません。

きっとそんな事を期待させてくれる様なストーリーのドラマではないかとも思います。


以上ドラマ『ボク、運命の人です』のあらすじについて書きました。

亀梨和也さん山下智久さん共演への期待と、その2人との絡みがどうなるのか楽しみな木村文乃さん。
4月スタートの土ドラが楽しみですね!

この記事はここまで。お読みいただいてありがとうございました。