『ボク、運命の人です。』ドラマのキャスト紹介!

ボク、運命の人です。

この記事のテーマは【ドラマ『ボク、運命の人です。』のキャスト紹介】です。2017年4月15日(土)夜10時から日本テレビ系列でスタートするドラマ『ボク、運命の人です。』は、ドラマ共演12年ぶりの亀梨和也さんと山下智久さん、そして木村文乃さんという豪華な顔ぶれ。そんなキャストの紹介をしたいと思います。

スポンサーリンク

『ボク、運命の人です。』キャスト:亀梨和也さん

  • 1986年2月23日東京出身です。
  • 1998年にジャニーズ事務所に入所。
  • 2001年にはKUT-TUN結成。
  • 1999年『3年B組金八先生第5シリーズ』に初出演。
  • 2005年1月『ごくせん第2シリーズ』
  • 2005年10月『野ブタ。をプロデュース』

など。

この他にも歌はもちろん、映画やCMなどここには書ききれない程の作品に関わっています。

亀梨和也さんといえばKUT-TUNがとても有名ですが、印象強いのが『妖怪人間ベム』のベム役です。

あの端正な顔立ちに妖怪のメイクがなんとも艶かしくてよく似合っていましたね。

それから大ヒットした『修二と彰』。この歌をヒットさせたドラマ『野ブタ。をプロデュース』も印象強い作品でしたね。

この歌はカラオケでもよく唄われた歌の一つになっています。

今回のドラマではどんな顔の亀梨和也さんが見られるのか、楽しみですね!

 

『ボク、運命の人です。』キャスト:山下智久さん

  • 1985年4月千葉県生まれ。
  • 1996年にジャニーズ事務所に入所。
  • 2003年NEWSのメンバーに選ばれ、同年にCDデビュー。
  • 2006年4月『黒サギ』ドラマ初主演の。
  • 2006年5月『抱いてセニョリータ』でソロデビュー。
  • 2011年NEWSを脱退。

山下智久さんといえばもちろんNEWSの山Pでしたが、NEWSを脱退してからは髪も黒くして、落ち着いた雰囲気になりましたね。

『修二と彰』の印象は凄く強いですが、その他に出演されたドラマでは2007年の『プロポーズ大作戦』や、『ブザー・ビート 崖っぷちのヒーロー』

難しい役では『アルジャーノンに花束を』では、今までの役柄とは全く違った役で、山下さんの演技力に感動した作品の一つです。

少し前までの山Pと呼ばれていた時とは違う、30歳を過ぎた落ち着いた雰囲気の山下智久さんの今回の役柄は、どんな神を演じてくれるのかが楽しみですね!

 

『ボク、運命の人です。』キャスト:木村文乃さん

  • 1987年10月東京生まれです。
  • 2004年に映画のオーディションに合格。
  • 2006年に女優としてデビュー。
  • 2006年11月にNHK大河ドラマ『功名が辻』でテレビドラマ初出演です。

プライベートでは、かなりの鉄道ファン、”鉄子”のようです。

木村文乃さんはどちらかというと、出演されるドラマなどでの役柄は、おとなしく静かなお嬢さん的なものが多かったように思います。

2012年にNHKの朝ドラ『梅ちゃん先生』に出演された時の役も、どちらかというとおとなしくて、あまり目立たない役柄でした。

でも、本当の木村文乃さんは元気でサバサバした性格のようです。

そんな性格が表に出てきたドラマでの役が、2015年4月に放送された『マザー・ゲーム~彼女たちの階級~』です。

シングルマザーで働きながら子供を育て、生活レベルの違う幼稚園のママ友達に立ち向かっていく姿は、なんだか気持ちが良いくらいでした。

同年に放送された『銭の戦争』でも、最後まで強い女性の役を演じていましたね。

今回のドラマ『ボク。運命の人です』では、主人公正木誠からいきなり告白されてしまい、それから誠に振り回されていく運命の人の役です。

どんな役柄にも自然に入り込んでいっているように見られる木村文乃さん。きっと誠に対してハキハキした口調で、接していくのではないでしょうか?

また、今までとは違う役柄の木村文乃さんが見られるのが凄く楽しみです!

 


以上、『ボク。運命の人です』のキャストについて書きました。

亀梨和也さん山下智久さん木村文乃さんの3人がどんな絡みになるのかが楽しみですね!

この記事はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございました。