ボク、運命の人です「手品師の鳩は平和のホロッホー」歌詞 定岡光圀

ボク、運命の人です。

4月22日、ドラマ『ボク、運命の人です。』2話が放送。晴子の高校時代の同級生、定岡光圀(満島真之介)が高校の文化祭で歌い、晴子(木村文乃)の誕生日に自らのコスプレ写真とバースデーメッセージを添えてスマホに送った「手品師の鳩は平和のホロッホー」の歌詞を書き起こしました。

スポンサーリンク

ホロッホー

「手品師の鳩は平和のホロッホー」歌詞

ポッポッポッ涙の雨が

ポッポッポッ足元しめらす

手品師は今日も平和を祈る

心の隙間に温もり隠して

ポッポッポッ涙の雨が

ポッポッポッ銃声に変わる

手品師は今日も平和を祈る

胸元の鳩が客にバレようとも

シルクハットをワンツースリー

憎しみ哀しみ沢山入れて

スカーフかぶせてワンツースリー

鳩が飛び立つホロッホー

平和に向かってホロッホー

ホロッホー

スポンサーリンク

「手品師の鳩は平和のホロッホー」歌詞2番は不明(><)

定岡からの誕生祝のメッセージには「特別に全歌詞を送ろう。覚えて毎日歌いなさい」と書かれていましたね。

全歌詞・・・。

歌詞の冒頭に、「1.」と書いてあったので、おそらくは2番、3番・・・と続きがあるのでしょう。

なにしろ、高校時代の文化祭の時にノリで作ったオリジナルフォークソング。

10人の男子高校生が全員ジョン・レノンのような恰好をして、弾けもしないギターをエアーでかき鳴らし歌った曲とのこと。

これが意外なことに大好評で、卒業式の時には「復活コンサート」をやったという青春の一曲。

ドラマ最終回までに、全歌詞が公開されることはあるでしょうか・・・?

・・・まあ、ないか(笑)

正木誠のライバル、定岡光圀

正木誠(亀梨和也)が高校時代、野球部のエースとして最後の県予選大会のマウンドに立った試合。

9回裏、勝利まであと一歩というところで逆転サヨナラヒットを浴び、悔し涙を呑んだ。

そのサヨナラヒットを打った相手打者だったのが、定岡光圀。

そして「運命の人」晴子は定岡と同じ高校のブラスバンド部員でこの試合をスタンドから応援していた。

当時は明るくてクラスで一番男子から人気があった晴子。

じつは定岡光圀も一度告白してあえなくフラれた過去を持つ。

時を隔て、30歳直前に転職した先が偶然にも晴子の職場の目の前のビルに入っている商社だった。

この再会を機に、定岡光圀は晴子に急接近。

晴子も、屈託なく楽しく過ごした高校時代を思い出しまんざらでもない様子。

バースデーメッセージを受信して帰宅したあとのお風呂でも上機嫌にホロッホー♪

ホロッホー

 

定岡光圀。

地球を滅亡から救うため、運命の人晴子にどうにか振り向いてもらおうと奮闘する誠の前に現れた最大のライバル。

この三角関係の行方に地球の運命がかかっているわけです・・・!

次回以降も目が離せませんねー。