ボク、運命の人です。野球で流れた曲は?高校野球応援曲・歌

ボク、運命の人です。

この記事のテーマは【ドラマ『ボク、運命の人です。』1話高校野球の回想シーンで流れた応援曲について】です。失意の誠(亀梨和也)がコンサートで耳にし、かつて高校球児だったころを思い出したあの曲。甲子園でも定番のあの応援曲について書きました。

スポンサーリンク

高校野球の回想シーンの応援曲

2017年4月15日(土)ドラマ『ボク、運命の人です。』待望の1話が放送!神さまとは到底思えない怪し過ぎる謎の男(山下智久)から衝撃の未来を告げられ、半信半疑ながら「ボク、運命の人です。」と言って迫る誠(亀梨和也)を当然ながら全力で拒む晴子(木村文乃)。

意気消沈してひとりクラシックのオーケストラのコンサートを聴きに出かける誠。

そこで流れた曲は、高校球児だったころの思い出とセットになっている曲だった。

夏の県大会予選。1点リードの最終回。ランナーを背負いマウンドに立つ誠。

緊張の場面。相手校の応援団は高校野球攻撃時大定番の曲を演奏している。

スポンサーリンク

勝利まであと一歩。迎えるバッターに渾身の一球を投げるも、あえなく打ち返され逆転サヨナラ負け

甲子園を目指した三年間の夢も潰え、球場外で泣きじゃくる誠。

そこへ、対戦校のブラスバンドの可愛らしい女の子が健闘を称え励ましてくれた

その女の子こそが・・・!怪しい自称神から「運命の人」と告げられた晴子であった・・・!

無意識の底に沈んだ記憶が蘇り、演奏直後に思わずスタンディングオベーションを行う誠。

ところがそこにもう一人、同じタイミングでスタンディングオベーションする女性が・・・。なんとそれは、晴子その人だった・・・!

いやーいいシーンでしたねー。

わたし自身高校球児の端くれで今でも大の高校野球ファンなので、あの曲が流れるともう自然とテンションが上がります。

スポンサーリンク

高校野球回想シーンの曲名は?

さて、あの高校野球回想シーンで使われた曲はなんというんでしょうか。

曲名は、アフリカンシンフォニーです。

今では甲子園の定番応援曲となっているこの曲。

1987年の夏の高校野球、第69回全国高等学校野球選手権大会で智弁和歌山が初出場の際に使ったのが最初だったそうです。

ちなみにこの年は立浪和義や片岡篤史、野村弘樹、橋本清、宮本慎也らを擁し「史上最強」と謳われたPL学園が春夏連覇を成し遂げた大会です。

この後、智弁和歌山が高嶋仁監督の指導の下急速に力をつけ甲子園の強豪・常連校になっています。

智弁和歌山の躍進に合わせるように、このアフリカンシンフォニーは甲子園の定番応援曲となっていきました。

甲子園出場校ごとのアレンジにも注目!

およそ20年後の2008年には、なんと出場校の9割が演奏するほどの人気曲となり、「甲子園の応援曲マニア」の間では、各校のアフリカンシンフォニーのアレンジ聴き比べも楽しみのひとつとなっているそうですよ♪

亀梨和也さんも大の野球好きで知られるだけに、きっとあのシーンは力が入ったでしょうね~。

わたしも、朝の通勤時とか、なかなか気分が載らない仕事前などに、スマホに入れてあるこの曲を聴いてテンション上げるのにお世話になっています!

ほんとうに初心に還るというか、全力で白球を追う球児の心になれる気がします。オススメですので皆さんもお試しになってみては。

スポンサーリンク

アメトーク高校野球応援歌ランキングTOP10

2016年7月放送の『アメトーーク』高校野球大好き芸人で発表された高校野球応援歌の人気ランキング(1~10位まで)をまとめた映像をみつけましたので貼っておきます♪


以上、【ドラマ『ボク、運命の人です。』1話高校野球の回想シーンで流れた応援曲について】書きました。