千葉時代(チバニアン)いつ決まる?正式決定は?

千葉時代

この記事のテーマは【千葉時代(チバニアン)いつ決まる?正式決定は?】です。

11月13日(月)、『地球史に「千葉時代」誕生へ』とのニュースが流れてきました。

「千葉時代」?「チバニアン」て何?まだ一時審査通過しただけらしいけど正式決定は?いつ決まる?気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

千葉時代 チバニアンて何?


「地球史」めったに聞かない壮大な単語です。

そこに「千葉時代」(チバニアン)が加わる。

とっても凄そうです。

イタリアにも勝ったとのことで、よくわからないけどなんだか嬉しいですね♪

まずどんなことなのか記事を読んでみます。

地球の歴史で約77万~12万6千年前の年代が「チバニアン」(千葉時代)と命名される見通しになったことが13日、関係者への取材で分かった。

77万年前・・・

77万年前から12万6千年前っていうのもずいぶん長い期間ですよね。

ちょうどこの50数万年の期間を象徴するような地層がいままで発見されていなかったそうです。

50万年以上もガサッとまるごと「千葉時代」(チバニアン)になるなんてなんだか嬉しいですね!

ジュラ紀とか白亜紀とか、昔習ったあのあたりの地質の年代の話ですね。

素人からすると、まだ決まっていない年代があったのか!という驚きもあります。

今回の年代はネアンデルタール人が生きていた「第四紀更新世」の中期に当たる。

この地球の地質年代、新生代・中生代、白亜紀・ジュラ紀などの大・中区分の名称は決まっているけれど、その下の小区分がまだ決まっていないものがあるのだそう。

地質時代区分

顕生代 新生代 第四紀(★ここ!)
新第三紀
古第三紀
中生代 白亜紀
ジュラ紀
三畳紀
古生代 ペルム紀
石炭紀
デボン紀
シルル紀
オルドビス紀
カンブリア紀
原生代
始生代
冥王代

新生代の第四紀

第四紀 完新世
更新世 後期
中期(★ここ!)
カラブリアン
ジェラシアン

この年代の基準地として千葉県の地層を国際学会に申請し命名を目指す日本の研究チームが、競合するイタリアを1次審査で破った。正式決定すれば地質年代に初めて日本の名前が付く快挙となる。

日本は国立極地研究所や茨城大学などによる研究チームがこの地層を発見し、提案。

千葉県市原市のこの地層とほぼ同時期に、イタリアでも2ヵ所、立候補?している地域・地層があってライバルだったとのこと。

圧倒的多数で千葉県市原市の地層が支持されたそう。

一般人にはなじみのないところで地道な研究が実を結ぶ。

しかも地球史にその名を永遠に刻むことができるなら、素晴らしいことですね!

スポンサーリンク

地球の時期が南北で逆転?

この年代の境界となる約77万年前は、地球の磁気が南北で逆転する現象が最後に起きたことで知られる。

※この記事の出典は全てYahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171114-00000067-san-sctch

地球の時期が南北で逆転・・・?

どういうこと?っていうのが正直な感想です。

一瞬で逆転したんじゃないんでしょうね。

そもそもなんで逆転なんかするんでしょう。

逆転したときはとんでもない天変地異が起こったんでしょうか。

なんだか新鮮で好奇心が沸いてきますね。

これを期に、日本で古代史や地質学ブームが起こるかもしれませんね!

イタリアだって同じように懸命に研究してきた成果が報われることを願っているでしょうから、ちょっと気の毒な気もしますが。

まだ本決まりですが、このまま正式承認されることを願いたいですね!

スポンサーリンク

千葉時代(チバニアン)いつ決まる?正式決定は?

今回は第一次審査を通過したということで、このあと数回審査が続けられるそう。

残念ながら正式決定の日にちは未定のよう。

ちょっと肩透かしですね。

でも、通常は一時審査を通ったものが正式決定となるそうなので、ほぼ決まりといってよいらしいですよ♪

千葉時代(チバニアン)の地層は千葉県市原市のどこにあるの?

話題の地層、千葉県市原市ということで都心からでもおでかけできそうな位置ですね。

Googleマップにも「地球磁場逆転地層」として載ってました!

地球磁場逆転地層。インパクトがすごい。

タイムスリップ現象でも起こりそうな名前ですね。

地球磁場逆転地層は、小湊鉄道線の月崎駅が最寄の駅のようです。

参考までに

  • 東京駅からだとJR総武線で千葉駅まで。
  • 千葉駅でJR内房線に乗り換えて五井まで。
  • 五井駅で小湊鉄道船に乗り換えて、月崎まで。

月崎からも距離があります。2キロくらいでしょうか。

森の中のようなので、もし行くならそれなりの準備をしたほうがよさそうですね。

Googleマップの口コミに、実際に足を運んだ方による有用なレビューがあったので引用します。

貴重な場所でしょうが、凡人が見ても説明が無ければ只の岸壁です。

車から降りて約500メートル急な坂と足場の悪い所が有るのでサンダルはお勧め出来ません。

私は後ろをゴムで固定出来るサンダルで川にも入りましたが(^^ゞ

場所は河原ですので所により苔で滑りやすいです。

 

ふだんチマチマ生きている自分からすると、「○○万年前」の時代に思いを馳せる機会なんてないのでなんだか新鮮です。

50万年前の地球はどんなだったのか・・・

ちょっと想像がつきませんが。

「歴史」という言葉すら超えているような感じがします。

人類はどんな段階だったんでしょう。

日本列島はどんな様子だったんでしょう。

学校で習ったと思いますが記憶の彼方です。

でも、今朝のラジオで伊集院光さんもいってました。

地球の年齢、地球が誕生してからそもそも46億年。

そう考えると、46億年のうちの77万年前って、つい最近じゃん!とも思うって。

たしかにそうですね。

46億年・・・

地球の年齢から考えたら人類の歴史だってほんの一瞬。光の矢ですね。

そんなホンの束の間、せっかくこの地球に生を受けたものどうし。

仲良く平和に、そして次の世代によい環境をつないでいけるよう協力し合えるようになりたいものです。


以上、【千葉時代(チバニアン)いつ決まる?正式決定は?】でした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

はじめての地質学ー日本の地層と岩石を調べる [ 日本地質学会 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/11/14時点)