CRISIS(クライシス)ドラマの 見逃し(1話)動画を見るには

クライシス

【ドラマ『CRISIS(クライシス)』1話の見逃し動画を見る方法】期待のドラマ『クライシス』が4月11日(火)夜9時に第1話スタート!うっかり見逃してしまった方に1話を安全&快適に見る方法をご紹介します。

ドラマ『クライシス』1話のあらすじ

まずは4月11日(火)第1話の予告動画と公式サイトによるあらすじをご紹介!

 

正体不明のテロリストが国家に牙をむく!

ターゲットは、親の権力に守られ、罪を免れてきた政治家の息子!
公安機動捜査隊特捜班が、次々に起きる規格外の凶悪事件に立ち向かう!

元自衛隊員の稲見朗(小栗旬)と、元公安の捜査員・田丸三郎(西島秀俊)が所属する公安機動捜査隊特捜班は、警察庁警備局長・鍛冶大輝(長塚京三)直轄の秘密部隊。

常識では計れない事件に脅かされる現代で、各分野のスペシャリスト5人が集結し、国家に危機をもたらす政治的事件やテロを秘密裏に捜査し、解決を図る。

ある日、高層ビルが立ち並ぶ広場に、首に爆弾を巻かれた宇田川圭介(白洲迅)が現れ、辺りは騒然となる。

現職の外務大臣の息子である圭介は、これまで薬物や傷害など数々の罪を犯してきたが、親の権力によって逮捕を免れてきた、いわくつきの人物。

犯人は、息子の罪を隠ぺいした外務大臣に、夜のニュース番組での公開謝罪を要求。さもなければ、公衆の面前で圭介を処刑するという。

鍛治からの指令を受けて、現場に急行した稲見や田丸、樫井勇輔(野間口徹)、大山玲(新木優子)ら特殊班のメンバー。

親の加護のもと、やりたい放題の圭介に反感を抱きつつも、班長・吉永三成(田中哲司)の指示で実行犯の逮捕に向けて動き出す。

タイムリミットが刻々と迫るなか、稲見と田丸は事件の鍵を握る人物に接触。そこで、ある驚きの事実を知ることに。

さらに稲見は犯行現場に関して“ある疑問”を抱いて――。

引用元:『クライシス』公式サイト
http://www.ktv.jp/crisis/story/01.html

スポンサーリンク

3/25『クライシス』小説版も発売!

第1話の放送を間近に控えた3月25日に発売された『CRISIS』(角川文庫)。ドラマをより深く楽しために、動画配信サービスとあわせてぜひ押さえておきたいところです。ここでは小説版の概要を紹介します。

実はこの小説。小栗旬さん演じる稲見朗(いなみ・あきら)、西島秀俊さん演じる田丸三郎(たまる・さぶろう)をはじめメインキャストはドラマと同じ

パラレルワールドなどではなく、ドラマと地続きの世界観。ただしこの小説版で描かれるストーリー、一連の騒動は小説版オリジナルです。

理想国家の実現のための「革命」と称し、横浜のホテルを占拠した新興宗教団体との戦いが描かれれています。

ドラマ原案・脚本の金城一紀さん監修の下、作家の周木律(しゅうき・りつ)さんによる書き下ろし作品です。

小説版『クライシス』も派手なアクション満載

中国籍スパイ組織、そして新興宗教の武装組織との格闘。ドラマで「規格外のアクションエンターテインメント」と謳っているいる通り、小説版もアクションシーン満載。派手な格闘シーンが何度も出てきます。

稲見や田丸達がちょっと強過ぎて描写がアニメっぽいというか、現実離れした戦いっぷりではありますが。

スポンサーリンク

小説版でキャストの個性や経歴も詳しく紹介

物語が進む中で、特捜班のメンバーたちの優れた能力や個性、性格が思った以上に細かく描かています。(ドラマ放映までもっと「おあずけ」されるかと思ってました。)

稲見朗(小栗旬)の過去

小栗旬さん演じる主人公・稲見朗(いなみ・あきら)の抱える重い過去についても、かなり核心部分まで迫っています。

「暗い木々―絶望の眼差し―そして懇願―そうだ、あのとき俺は―ガスマスクの奥で―罪もない人間を―この手でー。」
引用元:小説版『CRISIS(クライシス)』P.112

樫井勇輔(野間口徹)の特殊能力

爆発物処理の専門家、野間口徹さん演じる樫井勇輔(かしい・ゆうすけ)も、その爆発物に関する異常なまでの知識、執着もなかなか強烈です。

さらにこの樫井という人物は、ある種の特殊能力「共感覚」の持ち主でもあります。

「共感覚だ。樫井は火薬や化学物質の臭いを嗅ぎ分け、色つきで視る。特殊能力さ。」
引用元:小説版『CRISIS(クライシス)』P.135

ちなみに、あの日本を代表する詩人で童話作家の宮沢賢治も「共感覚」の持ち主だったそうです。つい先日やっていたNHK・Eテレ『100分de名著』(3月放送分)で紹介されてました。

「共感覚」とは、例えば音楽を耳にしたとき、聴覚だけでなく、鮮やかに情景が浮かべることができたり、ハッキリと臭いを感じたりする能力のことをいうそうですよ。

凄腕ハッカー・大山玲(新木優子)

凄腕、どころではない超人的な能力を持つ若き女性ハッカー大山玲が活躍するシーンも何度もあります。ドラマで大山玲を演じる新木優子さんへの期待が一層膨らみました。

警察庁警備局長・鍛冶大輝(長塚京三)の「黒幕力」

そして、長塚京三さん演じる、特捜班生みの親である警察庁警備局長・鍛冶大輝(かじ・だいき)の「黒幕力」とでも言いましょうか。その善悪定かならぬ圧倒的な存在感の一端を垣間見ることができます。

“規格外のアクション”を支える武術エスクリマ(カリ)

クライシス引用元:https://twitter.com/crisis_ktv

さて、このドラマ『CRISIS(クライシス)』の最大の魅力となるであろう“規格外のアクション”。それを支えるのが武術エスクリマ(カリ、カリ・シラット)です。

本作品の原案・脚本を5年がかりで練り上げた作監の金城一紀さん自身がこのエスクリマを修めた武術家でもあります。

そして主演の小栗旬さん、西島秀俊さんはドラマの撮影前に1年間、金城一紀さんからエスクリマ武術の厳しいトレーニングを受けてきたとのこと。

脚本家自身が武術家でもあるところも凄いですが、自ら主演二人を1年に渡って訓練するというのは前代未聞ではないでしょうか。ここに金城一紀さんがこの作品にかける並々ならぬ情熱を感じます。

エスクリマ(カリ、カリ・シラット)とは

エスクリマはフィリピン発祥の武術。素手による打撃や極め技に加え、棒やナイフなどの武器使用の戦闘技術も体系として完成されているところが特徴です。

極めて実戦的でありながら動作の美しさでも知られるエスクリマ。アメリカでは警察、FBI、軍隊、海兵隊の訓練に導入。さらにはハリウッドのアクション映画では主流となっているそうです。

『SP』で岡田准一もエスクリマを習得

同じく金城一紀脚本で2007年に大ヒットしたアクションドラマ『SP』。主演の岡田准一さんも同作品の映画化に向け、多忙な中エスクリマを習い、指導者レベルにまで自らを鍛え上げています。


ドラマ『CRISIS(クライシス)』第1話。「国家」を揺るがす存在に命がけで立ちはだかる特捜班のメンバー。「正義」と「悪」では割り切れない様々な陰謀や思惑が渦巻く中、彼らはどこへ向かい、何を見るのでしょうか。

物語の展開にますます期待が増すばかりです!

 

見逃し動画配信サービスのオススメはこの3つ

1.すぐに見たいならフジテレビオンデマンド
  • 最新話が当日23:30に即日配信!すぐ見られる!
  • 月額ポイントコース(300)で1話ぶん視聴可能。
  • 無料視聴はできない。
⇒ FOD(フジテレビオンデマンド)はこちら ロゴ
  • 登録の際はクレジットカードをご用意ください。

2.お試しキャンペーンでお得に見るならU-NEXT
  • 31日間おためしキャンペーン申込で600ポイント(円)ゲット。
  • ドラマ最新話(324円)1話ぶんを実質負担無しで見られる。
  • 最新話の配信日は即日ではない(3~5日後)。

⇒ U-NEXT(ユーネクスト)はこちら

  • 登録の際はクレジットカードをご用意ください。

3.auユーザーなら迷わずauビデオパス
  • 初回30日間無料おためしキャンペーン実施中
  • 毎月もらえる540円分コインで新作1話が実質無料で見られる
  • スマホで見た続きをタブレットやPCでも視聴可能

⇒au公式/ビデオパスはこちら

ビデオパス
  • 最新情報は各動画配信サービス公式サイトをご確認ください。