CRISIS(クライシス)ドラマを見逃したらここ!【1話動画】

クライシス

この記事のテーマは【ドラマ『クライシス』1話の見逃し動画を見る方法】です。激しいアクションと息を飲む展開。期待以上だったドラマ『クライシス』1話!見逃してしまった方に動画を見る方法をご紹介します。動画を見る時間がないという方はあらすじ、感想をご覧ください!

  • ここからは1話のあらすじ・感想をご紹介します。ネタバレ注意!

スポンサーリンク

ドラマ『クライシス』1話のあらすじ

 

ドラマのオープニング。テロを画策する新興宗教団体。彼らが狙う人物は、文部科学大臣、岡本史郎。警察庁警備局長・鍛冶大輝(長塚京三)の指示により、公安機動捜査隊特捜班が大臣が乗る新幹線に乗り込みます。

通称“特捜班”のメンバーは各分野のスペシャリスト5人。

特捜班を統率する班長、吉永三成(田中哲司)、元自衛隊員の稲見朗(小栗 旬)、元公安の捜査員の田丸三郎(西島秀俊)、元機動隊爆発物処理班で、匂いを色分けして見る「共感覚」という特殊能力を持つ樫井勇輔(野間口徹)、元ハッカーで情報分析のスペシャリスト大山玲(新木優子)で結成されており、事件に立ち向かいます。

5人の一致団結により、新幹線内で犯人2人を確保し、稲見と爆発物を持っていた犯人は、新幹線から飛び降り、犠牲者を出すことなく無事に解決。

そして、場面は高層ビルが立ち並ぶ広場に。

首に爆弾を巻かれた若者、宇田川圭介(白洲迅)が現れ、辺りは騒然となります。

現職の外務大臣の息子である圭介は、これまで薬物や傷害など数々の罪を犯してきましたが、親の権力によって逮捕を免れてきた人物。

犯人は、息子の罪を隠ぺいした外務大臣に、夜のニュース番組での公開謝罪を要求します。さもなければ、公衆の面前で圭介を処刑すると…。

運命のタイムリミットは夜7時。それまでにテロリストを確保することが、特捜班の与えられた使命です。

特捜班は早速、宇田川圭介から聞き出した拉致された場所を探すも、有力な手がかりは得られません。

もう1つの手がかり、圭介の友人に接触します。そこで、噂通り数多くの罪を犯していたことを確信します。

また、稲見は犯行現場に関しても疑問を抱きます。この広場にここでなければならない理由があるのかもと予想をし…。被害者の身元から犯人を絞ります。

そして、ヒントを元に犯人を見つけ出した特捜班達。稲見が犯人を説得している間に、樫井が首輪爆弾の解除をし、まさに危機一髪で圭介は爆弾から免れます。

この事件は、ニュースでは一応報道されますが、大学生のいたずらと報道されます。さらにその後、警視庁のウェブサイトがハッキングされる事態が発生。サイトには「平成維新軍」と名乗る組織による国家への挑戦、宣戦布告が掲載されていた・・・!

スポンサーリンク

ドラマ『クライシス』1話の感想

事前の放送直前スペシャルで、もしも、観た人たちに「つまらない あのドラマ」と言われたら、引退すると言っていた小栗さん。いやいや期待以上でした!

開始5分で田丸のカッコいいアクションに魅了され、そのまた5分後には稲見の派手なアクションシーン。

瞬きするのも忘れてしまうくらいの迫力でした。また、5人の息の揃った演技も素晴らしかったですね。

そして、まさか第1話に2つの事件も組まれているとは…!

新幹線の事件は特捜班の紹介部分だったのでしょうが、その事件だけでも「ああ、このドラマは見る価値がありそうだ」と思いました。

こんなにCMが長く感じ、ハラハラドキドキするドラマは久しぶりですね。

さて、今日の本題、外務大臣の息子、圭介の事件は実際にこういう国家ぐるみの隠ぺいがありそうですよね。息子の命がかかっていても…それでも嘘を隠し続ける国家。

しかし、大臣が仮にニュースで謝っていたからといって、氷山の一角なのでしょう。なかなか、視聴者に考えさせられるドラマになっていますね。

そして…!田丸がのぞいていた家に、石田ゆり子さん演じる林千種が居ましたね。

夜中にまで家に来るなんて、やはりこの2人ただならぬ関係なのでしょうか。ここの展開も1つの見どころになりそうで、気になるところです。

最後のシーンで、2年前に稲見が心の傷を負ったとされるシーンが出てきました。稲見が撃ったのは誰だったのでしょう…。

平成維新軍もこれからどんな、動きをとるのかも気になるところだし、クライシスはこれから1話たりとも見逃せないドラマになりそうです!

  • 1話のあらすじ・感想担当ライター:しいさん

ドラマ『クライシス』みんなの感想

4月11日(火)ドラマ『クライシス』1話をご覧になった皆さんの感想を紹介します!

1話の感想その1

アクションシーンが凄かったスピード感とか俳優さんの動きとかてて気持ちいい

ストーリーも難しすぎることなくでも緊張感あっててて面白かった

小栗さん西島さんもすごく魅力的なキャラクターだし後ろ姿がカッコいいすごく鍛えたんだろうなって体つきも見どころ

これからのお話もそれぞれのキャラクターの秘めた気になるし正しいことって何なのかって思わせるストーリーの展開も気になる

1話の感想その2

大事な場面でニーチェの引用が登場。金城一紀さんはニーチェが好き。『GO』では主人公の父親の愛読書がニーチェだった。

爆弾処理の専門家、樫井の「共感覚」が気になる。石田ゆり子と西島秀俊の関係。ラスト、小栗旬がバーで出会った女性(野崎萌香)も!

1話の感想その3

いよいよ始まった『クライシス』!久しぶりの小栗旬さんのドラマはやはり展開が面白いですね。それに加えて、今回初共演の西島秀俊さんとの絡みも予想通りの面白さです。

公安警備隊という肩書きなので、もっと堅苦しいイメージがあったのですがそんな事もなく、共演者の方達の軽い緩さも凄く良かったです。

小栗旬さんの今までの軽い感じの役柄とは少し違って、大人の軽さがまた素敵で、アクションも、西島秀俊さん共に1年も前から練習していただけあって、身のこなし方がスタント並みに凄かったです。

それから、裏の陰謀があるような感じなので、これからもっと激しい展開になりそうで楽しみですね!

1話の感想その4

こちらはCMを見たときからかならず見ようと決めていました。開始直後から小栗旬さんの演技に完全に心を持って行かれました!

難しいドラマかなと構えていましたが、とてもハラハラドキドキで1話からとても引き込まれ、これは毎週見よう!と思いました。次週が気になります!

1話の感想その5

小栗旬が出るので、凄く楽しみにしていました!期待を裏切らずカッコ良かった!アクションシーンもあり、映画っぼいつくりな気がします。

ストーリー的には、今までどこかで観たような話というのが正直な感想。小栗旬はもちろん、仲間たちにも何か過去がありそうでこの先の展開は気になります。

1話の感想その6

小栗旬主演のドラマ、crisis初回の事件は誘拐爆弾公開処刑というドキドキのお話でした。

誘拐された男は個人的には嫌いなタイプで、自分の思い通りに何でもなれば他などどうでもいいというやつでした。

結局小栗旬たち特捜班のおかげで助かりましたが、まさかのポリスに爆弾を仕掛けたやつがいるとは…。ワケアリな特捜班のメンバー達が今後どのように平成維新軍と立ち向かっていくのか、次回からもまた観たいドラマでした。


以上、ここまでドラマ『クライシス』1話のあらすじ、感想(ネタバレ)でした!

 

見逃し動画配信サービスのオススメはこの3つ

1.すぐに見たいならフジテレビオンデマンド
  • 最新話が当日23:30に即日配信!すぐ見られる!
  • 月額ポイントコース(300)で1話ぶん視聴可能。
  • 無料視聴はできない。
⇒ FOD(フジテレビオンデマンド)はこちら ロゴ
  • 登録の際はクレジットカードをご用意ください。

2.お試しキャンペーンでお得に見るならU-NEXT
  • 31日間おためしキャンペーン申込で600ポイント(円)ゲット。
  • ドラマ最新話(324円)1話ぶんを実質負担無しで見られる。
  • 最新話の配信日は即日ではない(3~5日後)。

⇒ U-NEXT(ユーネクスト)はこちら

  • 登録の際はクレジットカードをご用意ください。

3.auユーザーなら迷わずauビデオパス
  • 初回30日間無料おためしキャンペーン実施中
  • 毎月もらえる540円分コインで新作1話が実質無料で見られる
  • スマホで見た続きをタブレットやPCでも視聴可能

⇒au公式/ビデオパスはこちら

ビデオパス
  • 最新情報は各動画配信サービス公式サイトをご確認ください。