ハロー張りネズミ グレさんの暗い過去とは?

ハロー張りネズミ

この記事のテーマは【『ハロー張りネズミ』グレさんの暗い過去とは?】です。

『ハロー張りネズミ』ドラマでは、森田剛さん演じるグレさんこと木暮久作。どうやら、元ギャンブラーで暗い過去の持ち主のよう。どんな人物だか気になりますよね?早速、原作を読んで、調べてみました!

しいさん

スポンサーリンク

グレさんという人物

主人公のゴロー(七瀬五郎)相棒であり、「あかつか探偵事務所」の所員。

ドラマでは、森田剛さんが演じますが、原作では、小太りで、あごひげが特徴の中年男性…。

身体的特徴を聞くと、強面のイメージですが、オカルト的なことには非常に弱くオバケを怖がって失禁することも!

しかも、暗い過去を持つ割りに、普段は明るく、いつもノリノリ♪ツッコミ入れたり、周囲のメンバーを笑わせてれたりと、楽しい奴なんです!

ちなみに36歳、ゴロー同様独身です。

スポンサーリンク

グレさんの暗い過去とは?

いよいよ本題に入っていきますので、ネタバレ注意です!

グレさんの「暗い過去」をつきとめたのは、実はゴロー。

ある事件で、グレさんが暴力団(詐欺師)に騙された女性を助ける為に、賭博をするのですが…。そこで、なんとイカサマをやっている詐欺師に対して、200万円もの大勝ちするんですね!

このとき、ゴローがグレさんの過去に興味を持ち、探り始めるのです。

まずは、元プロのカード師だと踏んで、グレさんが昔住んでいたという横須賀の盛り場付近から手がかりを始めます。

手がかりないまま、近くのラーメン屋に入ると、店主が昔のグレさんを知っており、昔はマリアという踊り子と一緒によく来ていたとか…。

早速、マリアの特徴と情報を聞き出し、彼女がいると思われる長野県の湯出温泉郷へ。

周辺の人に聞くと、ストリップ劇場で働いている様子。

そして、ゴローはマリアを見事に見つけだし、飲みに誘って、上手く昔の彼(グレさん)について聞き出します。

2人の出会いは、マリアが働いている踊り場に、グレさんが客としてよく来ていたところから始まります。

そして、同棲に発展。グレさんは、その頃から、ギャンブラーを職業としていましたが、ヤクザに負けて多額の借金

マリアが2人の結婚資金としてコツコツ貯めていたお金を返済にあて、バクチは2度とやらないと約束したにもかかわらず、グレさんは、再び夜の街へ…。

その姿を見て、マリアは家を飛び出して、グレさんとはそのままに…。

というのが、グレさんの過去です。

ちなみに、この事実を知ったゴローは、この後、グレさんに自分が調べたことを話し、マリアの居場所の地図を渡します。

グレさんは、迷いに迷った結果、彼女のいる湯出温泉へ出向きます。

が、目にしたのは、マリアの劇場で働いている照明係の男がマリアに告白しているところ。その告白をマリアも泣いて受け入れているところでした。

そうして、グレさんは再び、ゴローのところに1人で(+その時拾ったのら犬も連れて)帰ってきたのでした。

スポンサーリンク

グレさんの個人的印象☆

以上がグレさんの「暗い過去」の経緯でした。

グレさん、私は人間味があって、登場人物の中では、かなり好きな人物です。

元旦もこたつで寝正月、楽しみは宝くじの発表とか、夜中の張り込み中に、イビキかいて道路で寝てしまうところとか…!

それだけ聞くと、いい加減な奴だなと思いますよね。

でも、マリアの町から帰る時も、雨の中一人ぼっちの、のら犬を放っておけず、連れて帰ってきた上に、親バカ全開でお世話するんです。

でも、彼に待っていたのは辛い出来事。その犬は、狂犬病にかかっており、薬殺することに…。

そんな状況でも、グレさんは「私の目で最期を見届けてやりたいのです」と。

読んでいて、ちょっとウルって来ましたね。そんな人情味のあるグレさん、ドラマでの活躍も楽しみです!


以上、【『ハロー張りネズミ』グレさんの暗い過去とは】について書きました。

この記事はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございました。