ジンバブエ ムガベ大統領夫人 グレース氏とは?

ジンバブエ

11月15日にジンバブエで軍によるクーデター発生と報じられました。

発端は先週、93歳のムガベ大統領が妻であるグレース夫人を後継者にするために側近のムナンガグワ副大統領を解任したことにあるようです。

外国記者やモデルへの暴行などでも度々ニュースに登場するグレース夫人とはどんな人物なのでしょうか。

まず普段なじみのないジンバブエという国について、そして現在軍に監禁されているというムガベ大統領について。最後にグレース夫人についてまとめました。


スポンサーリンク

ジンバブエとは

  • 国名:ジンバブエ共和国
  • 位置:アフリカ南部(内陸国)
  • 独立:1980年
  • 統治体制:共和制
  • 首都:ハラレ
  • 人口:約1450万人

イギリスの植民地支配から独立した新しい国家。

現在の大統領ムガベ氏は93歳。

黒人解放運動のリーダーとして活躍。

ジンバブエ独立時の初代首相で1987年からずっと大統領の座に。

反対者を弾圧する強権的な制作のため「独裁者」と批判されている。

ジンバブエはハイパーインフレの例としてよく紹介される。

2000年から2007年の7年間に通過供給量が130万倍、物価が650万倍の高騰。2008年のインフレ率は2億%

(インフレ率が2億%ってもう意味がわかりません・・・。)

2015年6月には自国通貨ジンバブエ・ドルが公式に廃止された。

失業率が90%を超えるといわれる。

スポンサーリンク

ジンバブエのクーデター

2017年11月15日、首都ハラレで軍がクーデターを起こし、政府中枢施設を封鎖、国営テレビ局を占拠した。

軍はクーデターの理由を「ムガベ大統領の周辺にいる犯罪者を拘束するのが目的だ」と発表。クーデターではないと主張している。

現在、ムガベ大統領は自宅で軍の監視下で監禁中だがムガベ氏本人、家族は無事とのこと。詳細はわかっていない。

クーデターの発端は、11月6日にムガベ大統領がムナンガグワ第一副大統領を解任したこと。

後継者の筆頭候補だったムナンガグワ氏を排除したのは、自分の死後グレース夫人を後継者にするため。

グレース夫人はこの後副大統領に就任するとみられていた。

軍はグレース夫人を嫌っており、この人事をストップさせるために今回の実力行使に踏み切った模様。

軍は現在、ムガベ大統領に退陣と解任したムナンガグワ氏への権限委譲を迫っていて大統領はこれに同意していない、との報道もあります。

スポンサーリンク

ムガベ大統領とは

ロバート・ガブリエル・ムガベ氏は1987年生まれ。

当時ジンバブエは独立前なので「英領南ローデシア」のソールズベリー出身。

ソールズベリーとは現在のハラレ(ジンバブエの首都)。

南アフリカの大学で歴史学、英語、法学、経済学などを学んだのち、ガーナで師範学校に勤務。

のち、マルクス主義に傾倒。反植民地闘争に身を投じる。

1980年のジンバブエ独立のとき、初代首相に就任。

当初は白人との協調、教育、医療制度の充実などで実績を挙げ「ジンバブエの奇跡」と賞賛された。

グレース大統領夫人とは

グレース夫人は1965年、南アフリカ共和国出身生まれの52歳。

ムガベ大統領の秘書を務め、1996年に結婚。3人の子を設けている。

なお、二人とも再婚である。

ムガベ氏は、最初の妻サリー夫人とは死別。

グレース夫人は、パイロットだった最初の夫と離婚している。

グレース夫人はコンゴのダイヤモンド鉱山を自分名義で所有したり、マレーシアの別荘を拠点にアジア各地でショッピング三昧するなど浪費家として有名。

浮気も複数回発覚しており、恐ろしいことには発覚した後浮気相手の男性は住まいを追われたり謎の交通事故で亡くなったりしているそう。

暴力沙汰なども度々ニュースになり国際的にも非難されているほど。

ジンバブエ大統領夫人、南アフリカの警察に出頭 暴行の疑い

【2017年8月15日 AFP】ジンバブエのロバート・ムガベ(Robert Mugabe)大統領の妻、グレース(Grace Mugabe)夫人(52)が15日、南アフリカの警察当局に出頭したことが分かった。南アフリカのフィキレ・ムバルラ(Fikile Mbalula)警察相が明らかにした。グレース夫人をめぐっては、モデルの女性に対する暴行の疑いで、同国の警察当局が捜査を行っていた。

ムバルラ警察相は「警察側としては被害者のために行動しなければならないため、捜査を開始した」と語り、「夫人は協力するために自ら警察に出頭しただけであり、逮捕はされていない」と明かした。

 グレース夫人には、ヨハネスブルク(Johannesburg)のホテルで今月13日、夫人の息子たち2人と一緒にいたモデルの女性(20)を延長コードで殴り、額と後頭部にけがを負わせた疑いが持たれている。

 グレース夫人はボディーガードらとこの女性の元を訪れ、共に20歳代の息子2人と同居していることを非難したという。(c)AFP

引用元:http://www.afpbb.com/articles/-/3139287

・・・と、ここまでジンバブエとムガベ大統領夫妻について調べていたら驚くことが多すぎてずいぶん長くなってしまいました。

日本の政治家の不倫疑惑やいわゆる「口利き」「忖度」の報道が、事実かどうかも含めてどうでもよくなってくるようなレベルです。

反対者を弾圧したり度重なる失政で混乱する国の様子などはまた別の記事に譲りたいと思います・・・。

大学で多くの学位を取得したインテリにして独立運動の闘士。そして初代首相。

「ジンバブエの奇跡」と言われるほどの復興を指導したきわめて優秀な政治家だったムガベ氏にして「権力」に狂わされてしまったのでしょうか。

自国通貨が廃止され、失業率90%の国の状況ってどういうものなのか、想像もできません。

1400万人以上のジンバブエ国民は日々どうやって暮らしを立てているのでしょう・・・。

日本に生まれ普通に生活できていることのありがたさをかみ締めています。