緊急取調室2 ドラマのキャストは?(キントリ)

キントリ

この記事のテーマは【ドラマ『緊急取調室(シーズン2)』のキャスト紹介】です。頑なに犯行を認めない犯人たちを自供させる個性の強い刑事たち。その役を演じる俳優さんたちも個性豊かな実力派ばかりなのです!どんな俳優さんが出演するのか、ご紹介したいと思います。

そらえもんさん

スポンサーリンク

真壁有希子(まかべ・ゆきこ)… 天海祐希

1967年8月生まれの49歳の天海祐希さん。キントリ (緊急事案対応取調班の通称)の刑事である主人公を演じます。彼女のアラフィフには見えない程の美しさと品格は、世の女性の憧れであり、理想です。

外見だけでなく、内面の素晴らしさもよく話題に上がる彼女。その考えは、哲学的なものさえ感じます。例えば、「自分を変える事は、とても難しく、そして最も身近な革命。」なんて考えは、挫折を味わい、苦労してきた人だからこそ出てくる考えではないでしょうか。

数々の名言を残してきた天海さんは、分け隔てなく周りの人に接する姿が評判を呼んでいるそうですよ。努力の先で掴んだ栄光だからこそ、立場の違う人々の気持ちを汲み取り、周りの人に優しくできる素敵な方なのですね。

スポンサーリンク

梶山勝利(かじやま・かつとし)…田中哲司

1966年2月生まれの51歳の田中哲司さんは、キントリの管理官を演じます。

えっ?!同じ4月スタートのドラマ『CRISIS(クライシス)』でも、刑事役で登場しませんか?撮影時期が重なってしまう同時期のドラマの出演に、びっくりしました!

『緊急取調室(2期)』は木曜日の21時~、『CRISIS(クライシス)』は火曜日の21時~で、両方、刑事ドラマなのです!演じ分けができるのは、演技力が高い田中さんだからでしょう。

週に2日も田中さんの演技が観れるなんて、贅沢ですよね!『緊急取調室(2期)』の田中さんも、『CRISIS(クライシス)』の田中さんも両方、楽しみにしています!

渡辺鉄次(わたなべ・てつじ)…速水もこみち

1984年8月生まれの32歳の速水もこみちさん。このドラマでは、警視庁捜査一課一係の殺人捜査第一係の刑事を演じます。キントリの仲間ではないのですね。

速水さんの名前「もこみち」は、お父さんが名づけたそうです。「まっすぐな道を歩んでほしい」という思いを託したとされています。イタリア語のまっすぐの意味が、moco(もこ)で、日本語の道と合わせて、「もこみち」と命名。同じ名前が二つとない素敵な名前ですよね。

速水さんは、料理の腕前も凄いと有名!ドラマの撮影時は、現場で手料理を振る舞う事もあるそう。イケメンだけでなく、料理まで上手だなんて、女性が放っておかないのも納得です。

スポンサーリンク

監物大二郎(けんもつ・だいじろう)…鈴木浩介

1974年11月生まれ、42歳の鈴木浩介さん。渡辺鉄次と同じ殺人捜査第一係の係長を演じます。

インテリ漂う外見からして、スポーツとは縁がなさそうですが、実はかなりのスポーツマンという噂が!高校時代には陸上部で、なんとインターハイ出場を経験しているそうですよ。

そんな鈴木さんが俳優を目指したのは、俳優の西田敏行さんに憧れてというのは有名な話。

2012年のドラマ『ドクターX』で念願だった初共演を果たしました。西田敏行さんを目指しているだけあって、個性的な役柄が多い俳優さんです。一癖も二癖もある監物大二郎役、注目です!

磐城和久(いわき・かずひさ)…大倉孝二

1974年7月生まれの大倉孝二さんは、鈴木浩介さんと同じ年の42歳。警視庁刑事部部長を演じます。

この生まれ年の人は、個性的な人が多いのでしょうか?大倉さんもかなり癖のある役を数々演じていますよね。

以前、大倉さんがバラエティー番組に出演しているのを観て、その軽妙なトークに芸人さんかと勘違いしていた時がありました。

癖があるのは演技だけではなくて、日頃からのよう。今はどうかわかりませんが、ストローを歯を使ってしごいてしまう癖があったようで、よく伸ばしていたそうなのです。撮影の合間でもストローをしごいていたら、楽しい現場になりそうかな?

菱本進(ひしもと・すすむ)…でんでん

1950年1月生まれのでんでんさんは、67歳。迫力いっぱいなキントリの刑事役です。

でんでんさんも個性的な役を数多く演じている俳優さん。俳優の渥美清さんみたいになりたかったそうですが、始めは、二転三転して、ピン芸人として活動していました。

私は、でんでんさんが芸人さんとしてより、俳優さんで活躍している姿が思い浮かぶのですが、みなさんは、どちらを先に思い浮かべますか?

遅咲きと言われるように、俳優として賞を受賞したのは、60歳を過ぎてからだそうです。諦めず続けていたら花開くものなのですね。

今では、ドラマのスパイスのように存在感のある演技をされる俳優さん。でんでんさんは、中高年に希望を与えてくれる存在なのかもしれません。

スポンサーリンク

中田善次郎(なかた・ぜんじろう)…大杉漣

1951年9月生まれの65歳の大杉漣さん。キントリの刑事を演じます。

大杉さんは、チワワの風ちゃん猫の寅子を飼っていて、溺愛中。とても大切に育てているそうですよ。

大杉さん演じる善さんは、温厚でとてもいい人。日頃、風ちゃんと寅子に向ける優しいまなざしが、ちらっとでも善さんで窺い知れたらいいですよね。

大杉さんは、サッカーも大好きなのだそうです。観戦するだけでなく、自らもチームに所属してプレーをしているらしいですよ。65歳に見えない若々しさと姿勢の良さは、サッカーで体を動かしているからかもしれませんね。

小石川春夫(こいしかわ・はるお)…小日向文世

1954年1月生まれの小日向文世さんは、63歳。頭脳派のキントリの刑事を演じます。どんな役でも演じられるという実力派俳優の小日向さん。

NHK大河ドラマ『真田丸』では、豊臣秀吉を演じ、面白い部分から鬼気迫る場面までの演じ分けが見事でした。

いつも笑顔の印象が強い小日向さんですが、意識して自分をコントロールし、笑顔で入れる状態を作っているそうですよ。

日常から自分を常に良い状態に持っていくというのは、本当のプロなのだと思います。NHKのプロフェッショナルに出演して欲しいくらいです!


以上、ドラマ 『緊急取調室(2期)』のキャスト紹介について書きました。 中高年の集いのような大人のドラマ。演技派、個性派の俳優さんばかりですので、相当、見ごたえがありそうですね!

この記事はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございました。