コウノドリ【ドラマ】星野源が演じる四宮はどんな役?

コウノドリ

この記事のテーマは【『コウノドリ』ドラマ 星野源演じる四宮はどんな役?】です。

星野源さんは、音楽家・俳優・文筆家と様々な分野で活躍しており、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』で、更に人気急上昇しました。

そんな、星野源さんが2015年のドラマ『コウノドリ』ではどんな役を演じていたのか振り返ります☆

しいさん

スポンサーリンク

『コウノドリ』星野源演じる四宮ってこんな人!

一言で言うと、星野源さんが演じる四宮は“無表情で冷血漢”

主人公のサクラとは同期であり、同じ産婦人科医師です。サクラは、患者の話を良く聞き、尽くすタイプであるので、患者にも大人気である一方、四宮は、患者に冷たく、説明も淡々としているので、どちらかと言うと、疎まれているタイプ…。

確かに、妊娠・出産って知らないことだらけなのに、無表情で必要事項や厳しいことだけ言われても、患者は良く思いませんよね。

しかし…!

昔の四宮は、今と全く違いました。昔は、愛想も良く、患者にも優しい医師でした

四宮が変わってしまったのは、5年前のある妊婦を診てから。その過去については、次で触れますが、それ以降、四宮は妊婦には、決して甘くしないことを決意します。そして、同時に笑顔も消えてしまったのです。

スポンサーリンク

『コウノドリ』星野源演じる四宮の隠された過去!

四宮の過去は、ドラマ(2015年の第1期)の3話で明らかになりました。

5年前に四宮が担当していた妊婦は、どうしても喫煙が辞められない妊婦でした。

ご存知の方も多いかと思いますが、妊婦の喫煙はご法度。喫煙により、赤ちゃんに影響を及ぼしたり、胎盤早期剥離などの原因になる恐れがあるからです。

もちろん、四宮も喫煙を辞めるよう促しますが、当時の四宮は妊婦さんに厳しく注意できず…

そんな矢先、患者は案の定、胎盤早期剥離になり、緊急オペに…。

しかも、母体の出血がひどく子宮の摘出が必要になります。ただ四宮は、「子どもは5人欲しい」と妊婦が言っていたこともあり、子宮の摘出には踏み切ることが出来ず。

そのまま、母体は出血が止まらず亡くなってしまいました。しかも、赤ちゃんも重度の脳性まひで寝たきりとなってしまいます。

この一件で、妊婦だった患者を死なせたのは自分のせいだと四宮は激しく後悔します。喫煙を止めず、優しくしてしまった自分の責任だと…。

そして、四宮はそれ以降、患者への対応を変えます。優しくしても、妊婦の為にはならないと笑顔は一切見せず、言いにくい事もズバズバ言う産科医に変わっていったのでした。

スポンサーリンク

四宮が毎日通う病室とは?

忙しい産婦人科ですが、四宮には、毎日欠かさず通う病室がありました。

自分のせいで亡くなってしまったと思っている喫煙妊婦の子、つぼみちゃん(脳性まひで植物状態)の病室です。

実は、つぼみちゃん、産まれてから1度も目を覚まさないことから、父親にも見放され、この5年間1人ぼっちでした。そんなつぼみちゃんに、四宮は毎日絵本を読み聞かせ、話しかけているのでした。

この辺り、四宮の本当の温かさが感じられます。

しかし、ある日つぼみちゃんの容体は急変します。肺塞栓により心停止。

残念ながら、四宮もオペが入っていた為、その場に間に合わず、つぼみちゃんは天国へ…。

その後、四宮とサクラが屋上で話すシーンが出てきます。「つぼみちゃんはずっと一人だった。」

「あの父親にとってつぼみちゃんは辛い記憶を思い出させるだけの存在だったのかな。せめて名前を呼んでやってほしかった。お父さんも1度でいいから…つぼみよくがんばったなって褒めてやってほしかった。つぼみちゃん、治してあげたかった」

と、四宮は泣きながらサクラに話しました。

本当の四宮の部分が見れ、逆にこっちも大泣きでした。

四宮が本当は心温かい人物だと確信しました。

四宮が笑った回もある??

四宮は、ご紹介した通り、過去のことから、患者には一切甘いことを言わず、厳しい医師ですが…実は一方で…!

ドラマ内では、少しずつ四宮の表情が変化していました。初期は全く笑顔のなかった四宮が、サクラや助産師の小松、患者との関わりを通して、徐々に鼻で笑ったり、ニヤける四宮が…。

そして、遂に最終回(10話)では、四宮が笑いました!!!

息子の障がいをなかなか認めらず、産まれてから面会をしていなった夫が、四宮の声掛けによって、やっと夫婦揃って会いに来れたシーン。

小松とのやりとりで、初めて全開の笑みを見せました☆これは、星野源さんのファンもざわめき当時のツイッターなどで、かなり話題になりました。

そして、もう1つ…死期帝王切開により、出産後ずっと意識不明だった母親が、遂に意識が戻ったと報告を受けた時に、サクラとハイタッチ!

こんな四宮は、一切今まで描かれてこなかったので、『コウノドリ2』では、今以上に角が取れているのでは??と期待しています♪

ともあれ、様々な表情を見せる星野源さん演じる四宮は、脇役どころかサクラ同様、注目の人物であり、どんな姿を見せてくれるか楽しみですね☆


以上、【『コウノドリ』ドラマ 星野源演じる四宮はどんな役?】でした!

この記事はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございました。