宮沢氷魚『コウノドリ2』赤西吾郎役。父はTHE BOOM宮沢和史!

コウノドリ

この記事のテーマは【宮沢氷魚『コウノドリ2』赤西吾郎役。父はTHE BOOM宮沢和史!】です。

ドラマ『コウノドリ(2期)』赤西吾郎役で出演中の宮沢氷魚(みやざわ・ひお)さん。MEN’S NON-NO専属モデルであり、『コウノドリ(2期)』が俳優としてのデビュー作品となるそうです。

宮沢氷魚さんのプロフィールや父でミュージシャンの宮沢和史(元THE BOOM)、母の光岡ディオンさんについても調べました!

スポンサーリンク

『コウノドリ(2期)』宮沢氷魚 プロフィール


まずは宮沢氷魚さんのプロフィールをみておきましょう。

  • 生年月日:1994年4月24日(23歳)
  • 出身地:アメリカ・サンフランシスコ
  • 身長:184cm
  • 学歴:カリフォルニア大学サンタクルーズ校から国際基督教大学に編入。2017年3月卒業

華やかな容姿そのまま、華麗なプロフィールですね!

在学中の2015年からモデルとして活躍。今年の春に大学卒業したてとのことで、ドラマの役どころにぴったりですね。

スポンサーリンク

父は「THE BOOM」の宮沢和史


宮沢氷魚さんの父親は、「THE BOOM」の宮沢和史(みやざわ・かずふみ)さん!そっくりですよね。

「THE BOOM」は代表曲「島唄」で知られるバンド。

「島唄」は150万枚を超える大ヒット!当時わたしも買いましたしカラオケでもよく歌いました♪

1980年代後半から一時休止した時期もありつつ、2010年代まで活動。

2014年に惜しまれつつに解散しています。現在はソロとして活動。

宮沢和史さんは1966年生まれなので今年51歳。

ちなみに沖縄民謡の島唄ですが、宮沢和史さんは山梨県出身です。

「島唄」も名曲ですが、「風になりたい」も有名ですね。

スポンサーリンク

母はタレントの光岡ディオン


母はタレントの光岡ディオンさん。

お母さんがハーフなので、宮沢氷魚さんはクオーターということになります。

光岡ディオンさんは1965年生まれ。神奈川県の出身。

1994年に宮沢和史さんと結婚。宮沢和史さんは長男で、他に二人のお子さんがいるそうです。

子育てをしながらも家庭と仕事を両立させて、タレント活動は続けておられるとのこと。

ディオンさんも息子さんと同じ国際基督教大学の卒業生です。

宮沢氷魚『コウノドリ(2期)』赤西吾郎とは

宮沢氷魚さん演じる赤西吾郎は初期研修医赤西産婦人科の息子

2015年の『コウノドリ』には登場しておらず、この2期からの出演です。

2年前の『コウノドリ』では研修医だった下屋先生(松岡茉優)がすっかり一人前の産科医となっていて、赤西吾郎はペーペーの後輩として下屋先生からたびたび叱責を受けているシーンがみられますね。

わからないことだらけの現場で、それでも懸命に出産に臨む妊婦さんの力になるべく必死な様子が初々しいです。

同じく“ジュニア”である四宮先生(星野源)からは「愛あるムチ」を受けつつ、親と同じ産科医になるかどうかまだ迷ってもいる模様。

このあたりは3話以降、どこかでじっくり描かれることでしょう。

「氷魚」名前の由来は?

氷魚っていう名前を一発で読める人はそういないんじゃないでしょうか。

もちろん自分も読めませんでした。

「氷魚」は鮎の稚魚のことを指し、「ひお」あるいは「ひうお」とも読み、琵琶湖のものが特に有名だそうです。

稚魚は半透明で氷のようなので「氷魚」。

父である宮沢和史さんが大の釣り好きで、厚い氷が張った厳寒の中でもたくましく生き抜く稚魚のように、どんな環境でも強く育ってほしいという願いいが込められているそうですよ。

実際、アメリカと日本で育って英語も日本語もペラペラのバイリンガル。大学在学中からモデルとして人気を博し、卒業後最初の年に人気ドラマのレギュラーとして活躍。

お父さんの名づけの願いどおり強く大きく育っていますね!

『コウノドリ(2期)』でも中盤から後半にかけて、研修医としての奮闘ぶりや壁にぶちあたり悩む様子などもフォーカスされることと思います。

宮沢氷魚さんがどんな演技をみせてくれるか。楽しみにしています!


以上、【宮沢氷魚『コウノドリ2』俳優デビュー 父はTHE BOOM宮沢和史!】について書きました。