前野朋哉 コウノドリ2 安めぐみの夫役!蛭子似のau一寸法師

コウノドリ

この記事のテーマは【前野朋哉 コウノドリ2 安めぐみの夫役!蛭子さん似のau一寸法師】です。

11月3日(金)のTBSドラマ『コウノドリ(2期)』4話に前野朋哉さんが登場。

30週目の妊婦・安めぐみさん演じる秋野蓮の夫・壮太を演じます。

味のある風貌と独特の存在感。前野朋哉さんについて調べました!

スポンサーリンク

『コウノドリ2』4話 前野朋哉 プロフィール

まずは前野朋哉さんのプロフィールをみましょう。

  • 生年月日:1986年1月14日(31歳)
  • 出身地:岡山県倉敷市
  • 身長:168cm
  • 最終学歴:中央大学文学部哲学科卒業
  • 2016年より「おかやま晴れの国大使」に任命

大学生のときに俳優業をスタートさせている前野朋哉さん。

現在31歳ですが、すでに多くのドラマ・映画作品の出演歴があります。

CM「au三太郎」シリーズで途中から登場したキャラクター、一寸法師役というと、「ああ!」と思い当たる人も多いのでは。


『コウノドリ(2期)』のちょうど同じTBS金曜10時枠で前シーズンにやっていたドラマ『ハロー張りネズミ』にも、6話に郵便局員役として出演していましたね。

森田剛くんに脅される小心な郵便配達員が板にはまっていました。

『あまちゃん』『マッサン』『わろてんか』と、朝ドラの脇役にもたびたび出演。

また、自ら映画作品の脚本や監督もてがけており、映画祭での受賞歴もあるとのこと!

少々意外!と言っては失礼ながら、実は多才な表現者なんですね。

  • 2009年『脚の生えたおたまじゃくし』
    • 監督、脚本、主演作品
    • 2009年 第4回福井映画祭
      • 観客賞、田中光敏監督賞受賞
    • 2010年 ゆうばり国際ファンタスティック映画祭
      • オフシアター・コンペティション部門審査員特別賞、シネガーアワード受賞

スポンサーリンク

前野朋哉は蛭子能収にそっくり!息子か?

31歳の若さにして、名脇役として欠かせない存在となっている前野朋哉さん。

「蛭子能収(えびす・よしかず)にそっくり過ぎる」ということで話題にもなっています。

たしかに写真で並べてみるとそっくり・・・。

とらえどころのない、のほほんとした雰囲気までそっくりです。

親子ですといわれたら間違いなく信じるレベルの類似度ですね。

実際には親子ではないですし、縁戚関係もないまったくの他人だそうです。

なお、蛭子能収には実の息子さんがおり、名前を蛭子一郎さんといいます。

蛭子能収さんは1947年、熊本県天草市出身。御年70歳。

息子の蛭子一郎さんは今年45歳になる1972年生まれで、ゲーム音楽クリエイターとして活躍中だそうですよ。

親子二人で旅番組に出演もしているそうです♪

スポンサーリンク

前野朋哉 仕事に追われ妻と距離が生まれてる夫役

さてこの前野朋哉さん。

11月3日の『コウノドリ(2期)』4話では、妊娠30週目を迎える妊婦・安めぐみさん(秋野蓮役)の夫(秋野壮太)役でゲスト出演します。

妻の秋野蓮は、一人目の子(長女)を帝王切開で出産。

今回の二人目を自然分娩で産みたいと、サクラに申し出ます。

この、帝王切開後の自然分娩のことを、「トーラック」というそうです。

蓮は、長女の育児についイライラしてしまう自分を責めています。

そしてその原因が、帝王切開で産んだことにあるのではと思い込んでいる様子。

それに対し夫の壮太は、仕事に負われる毎日を理由に、育児と二人目の出産を控えた妻の不安に寄り添うことができていない・・・。

リスクのある「トーラック」という選択について、サクラと四宮の間で意見が割れ、激しく意見がぶつかるシーンがある模様。

どの家庭でも起こりうる、出産にまつわる夫婦間の意識のギャップ。

安めぐみさんと前野壮太さんの夫婦役というのも、ある意味ギャップがありますね。

切実な問題にしっかり向き合い、夫婦の理解を深め、無事かわいい赤ちゃんを迎えてほしいと思います。

『コウノドリ(2期)』4話、今から楽しみです!


以上、【前野朋哉 コウノドリ2 安めぐみの夫役!】でした。