コウノドリ2期 2話 三上いづみ役の柊留美は千と千尋の千尋!

コウノドリ

この記事のテーマは【ドラマ『コウノドリ(2期)』2話、26週早産のママ三上いづみ役の柊瑠美さんについて】です。

すべての出産は奇跡。医師をはじめ様々な人々の支えや奮闘に支えられて新しい命が育つことを教えてくれるドラマ『コウノドリ』。

2017年10月20日(金)の『コウノドリ(2期)』に登場する三上いづみという母親の役柄と、演じる女優の柊瑠美(ひいらぎ・るみ)さんについてまとめました。

スポンサーリンク

『コウノドリ(2期)』2話 三上いづみ役 柊瑠美プロフィール

三上いづみ役の女優・柊瑠美さんについて簡単におさえておきましょう。

  • 本名:柊瑠美(ひいらぎ・るみ)
  • 生年月日:1987年8月1日(30歳)
  • 出生地:東京都葛飾区

柊瑠美さんは6歳から子役として活躍し、1999年のNHK朝ドラ『すずらん』ではヒロインの少女時代を演じました。

(なお、『すずらん』成長後のヒロインは遠野なぎこさんです。)

スポンサーリンク

柊瑠美は『千と千尋の神隠し』千尋の声優!


そして2001年にはジブリ映画『千と千尋の神隠し』で主人公・荻野千尋の声を演じ大きな注目を集めました。

無気力そうな10歳の少女が、迷い込んだ不思議な世界でしだいに逞しくなっていく役どころを好演しました。

声優っぽくない、ヒロインなのにちょっとか細い声が逆に強い印象を残しましたね。

なお、『千と千尋』お湯屋の主・湯婆婆(ゆばーば)が溺愛する息子の「坊(ぼう)」。あの赤い腹掛けをした巨大な赤ちゃんの声を演じたのは、俳優の神木隆之介くんです。

神木くん。『千と千尋』当時は8歳ぐらいだったわけですね!

スポンサーリンク

柊瑠美『野ブタ。をプロデュース』のいじめ役でも話題に

2005年のテレビドラマ『野ブタ。をプロデュース』では、野ブタこと小谷信子(堀北真希)をいじめる蒼井かすみの役も話題に。

その後、一時芸能活動を休止。

復帰後は2009年~2013年の4年間にわたりNHKeテレの子ども向け教育番組『ニャンちゅうワールド放送局』のお姉さん役を担当しました。

三上いづみ 26週で700グラムの男の子を出産したママ役

柊瑠美さん演じる三上いづみは、NICU(新生児集中治療室)でケアを受けている新生児・雄平くんの母親。

26週の早産で、出産時の体重は700グラムだった雄平くん

生まれるときの一般的な体重は、2,500グラム~4,000グラムだそう。

1,000グラム未満だと「超未熟児」ということになるようです。

今橋先生(大森南朋)や白川先生(坂口健太郎)らペルソナ病院新生児科の医師たちが懸命なケアをしていることでしょう。

お母さんである三上いづみはどんな風に我が子と接するでしょう。

突然突きつけられる現実を受け入れるのに時間がかかったり、自分を責めてしまったりするのか。

それとも、厳しい現実を受け止めて子どもにしっかり向き合うか。

柊瑠美さんの演技に注目したいと思います!


以上、【ドラマ『コウノドリ(2期)』2話、26週早産のママ三上いづみ役の柊瑠美さんについて】でした。