野波麻帆『コウノドリ2』9話 妊婦・篠原沙月 原作ネタバレ

コウノドリ

この記事のテーマは【『コウノドリ(2期)』第9話ゲスト野波麻帆さんについて】です。

女優、スタイリストとして活躍する一方、2児の母としての顔も持つ野波麻帆(のなみ・まほ)さん。そんな、野波麻帆さんについて、経歴から、今回の役どころまで、詳しくまとめてみましたよ★

しいさん

スポンサーリンク

野波麻帆さんのプロフィール☆


野波麻帆さんは、1980年生まれの現在37歳。1996年に第4回東宝『シンデレラ』オーディションでグランプリを受賞し、芸能界入りしました。

『シンデレラ』オーディション、私は初めて聞くオーディションでしたが、それもそのはず…!3〜6年に1度のペースで不定期に開催されているのだとか。

実施しているのは、東宝と東宝芸能で、野波麻帆さんの後には、何と長澤まさみさんも受賞しています♪そして、その長澤まさみさんを同じ事務所繋がりということで、現在、野波麻帆さんが長澤さんのスタイリストも担当しているとか!

女優が更に、女優のスタイリストをするって、凄いですよね☆

話が少しズレましたが、野波麻帆さんのデビューは、グランプリを取った翌年1997年の『寿司、食いねェ!4』の単発ドラマと、『モスラ2 海底の大決戦』の映画。

後ほど出演歴は細かく触れますが、その後も数々のドラマ・映画・CMに出演しています。

個人的に印象深い作品は、『モテキ』。野波麻帆さんが演じたのは土井亜紀という人物で、森山未來さん・満島ひかりさんに続く超重要人物というかヒロイン☆の役でした。

↓映画版『モテキ』予告動画

⇒ドラマ『モテキ』はHulu2週間無料おためしで全話視聴できます♪

その後も女優として、活躍する一方、プライベートでは、2012年に俳優の水上剣星さんと結婚☆

2013年に第1子の女児、2015年には第2子の女児を出産しております。

育児に追われて大変かと思いきや、2016年には夫の水上さんと、子供服ブランド「himher」を立ち上げたのだかとか!

その、ブランドがこちら↓
http://www.himher-children.com/

ちょこっと覗いてみましたが、シンプルな子ども服で重宝しそう♪ですが、お値段がお高い…(^^;

女優・スタイリスト・ショップ経営・ママと色んな肩書を持っている野波麻帆さんは、これからにも、期待しちゃいますね♪

スポンサーリンク

ドラマ・映画の出演歴☆

最近は、スタイリストや子ども服のブランドで忙しいのか、女優としての活動は少ないですが、有名作品に沢山出ています♪

【映画】

  • 『モスラ2 海底の大決戦』(1997年 ユナ役)
  • 『愛を乞うひと』(1998年 山岡深草役)
  • 『案山子 KAKASHI』(2001年 主演・吉川かおる役)
  • 『プラトニック・セックス』(2001年 山口明美役)
  • 『Summer Nude』(2003年主演・長谷部夏樹 役)
  • 『2LDK』(2003年主演・ラナ役)
  • 『LIAR GAME -再生-』(2012年 犬塚エイコ 役)
  • 『つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語』(2013年 橋本湊役)

【テレビドラマ】

  • 『こちら本池上署』シリーズ(中井あずさ役)
  • 『大奥 第一章』(2004年 お夏 役)
  • 『モテキ』(2010年 土井亜紀 役)
  • 『家政婦のミタ』(2011年 風間美枝役)
  • 『ダメな私に恋してください』(2016年 生嶋晶役)

スポンサーリンク

『コウノドリ(2期)』第9話の野波麻帆さんの役&原作ネタバレ

野波麻帆さんが今回演じるのは、過去2回も流産している妊婦“篠原沙月”役。今回、3回目となる妊娠をしますが、残念ながら、心拍が確認出来ず、また流産……。

沙月は、自分は【不育症】ではないかと不安を持つようになります。

ちなみに、不妊症は最近よく耳にする言葉かと思いますが、【不育症】って、あまり馴染みのない言葉ですよね。

【不育症】とは、一般的に妊娠はするけれども、流産、死産や新生児死亡などを繰り返して結果的に子供を持てない場合を指します。

ただ、何回流産したら【不育症】と呼ぶのか等、具体的には決まっていないのが現状のよう。一般的には、今回の沙月のように2回連続で流産・死産を繰り返すと【不育症】の検査を受けたり、診断されるようです。

そして、この【不育症】については、原作の漫画『コウノドリ』18巻に載っています。ここからネタバレありですので、ご注意下さい!

原作は、ドラマの予告通り、沙月が妊娠2回連続流産を繰り返し、不育症を疑い始めるところから始まります。

そして、3回目も5週で妊娠発覚するものの、心拍確認出来ず…。。。

沙月は、旦那さんにもう赤ちゃん諦めようかと、嘆きます。

ちなみに、沙月の旦那さんは、とても協力的な旦那さんで、毎回、検診にも付き添い、家事とかも全部やるからと言ってくれたり、沙月のメンタルの部分もかなり気にしている優しい旦那さんです。

落ち込んでいる沙月に、旦那さんは不育症の検査を受けてみようと伝えます。そして、沙月は、不育症専門のクリニックを紹介してもらい、検査を受けます。

が…!

検査の結果、まさかのどれも正常範囲内で、これが原因かと言えないという結果に。
沙月は、「原因が分からないってことは、もう治療方法がないってことですもんね」と落ち込んでいますが、鴻鳥先生は意外な見解を話し始めます…。

『検査をして、不育症の原因がわかり、治療をした女性が出産できる確率は、80%以上』

『検査の結果、不育症の原因がわからず、治療をしなかった女性が出産できる可能性は、80%以上』

ん…?んん…?

どういうこと…?と思う方も多いかと思います。私も最初読んだ時、意味が分かりませんでした。

鴻鳥先生によると、治療をしなかったのは、する必要がないからであり、流産の多くは胎児の染色体異常などで、必然的に起きてしまもの。それが偶然重なって起こることは十分に考えられること。

つ…ま…り…!!!

今回、沙月が不育症の検査をして異常がなかったということは、次の赤ちゃんを妊娠して出産に臨めるのだという事がわかったという結果だと答えるのです。

その結果を聞いた沙月は、頑張ってみると。そして、旦那も2人で頑張ろうと誓います。

その結果★☆

数ヶ月に、沙月は、4度目の妊娠をし、運命の心拍確認の日…。。。

「ピッピッピッ」と赤ちゃんの心拍確認が◎お決まりの鴻鳥先生の台詞、「赤ちゃん順調ですね」も出ました♪

ここで、原作漫画は話は終わりになり、出産風景まではいきませんでした。

ドラマでは、4回目の話までされるのか分かりませんが、最近のドラマ『コウノドリ』は、死産だったり、悲しい内容が多かったので、ハッピーエンドで終わるといいなと個人的に思っています♪

野波麻帆さんが演じる沙月の役は、年齢的にもピッタリですが、悩んだり、落ち込んだり嬉し涙をしたりと、かなり難しい役。どんな風に演じてくれるのか、楽しみであります♪


以上、【『コウノドリ(2期)』第9話ゲスト野波麻帆さんについて】でした!

この記事はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コウノドリ 18/鈴ノ木ユウ【1000円以上送料無料】
価格:606円(税込、送料別) (2017/12/7時点)