カルテットのキャストをチェック!

カルテット

2017年1月17日(火)にTBS連続ドラマでスタートする『カルテット』。このドラマの脚本は、あの『東京ラブストーリー』や『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』 の大ヒットドラマを生み出した
坂本裕二さんのオリジナルです。

しかも主演がドラマ5年ぶりになる松たか子さん!話題性と期待が膨らむこの『カルテット』。どんなストーリーが繰り広げられるのでしょうか!

 

スポンサーリンク


『カルテット』のあらすじ

夢にやぶれた男女4人が、冬の軽井沢で偶然出会い、別荘で共同生活を始める。4人はそれぞれ楽器の演奏に携わっていて、この軽井沢でカルテットを組む事に。

この話の主役、ヴァイオリ二ストの巻真紀は家庭があり、チェロの背吹すずめは訳ありで別荘に住み着く。ヴィオラの家森諭高は変わり者で、ヴァイオリ二ストの別府司が祖父の所有する別荘を皆んなに提供する。

スポンサーリンク


『カルテット』のキャスト

ドラマ『カルテット』のメインキャストを紹介します。

巻 真紀役(松たか子)

真紀は第一ヴァイオリンを弾いています。
性格はかなりネガテイブだけど、いざという時には核心にふれた事を言う。

4人の中ではただ1人家庭を持っている為に、軽井沢と東京を往復する生活になる。

今回結婚後初の主役をつとめる松たか子さん。
松たか子さんといえば『HERO』や、少し前になると『ロングバケーション』が有名ですね。

真面目で頭の回転が早い役柄が多い松さん。
またあの早いテンポのセリフが聞けるのでしょうか?

松たか子さん、5年ぶりのドラマ主役は楽しみですね。

世吹すずめ役(満島ひかり)

無職で司の別荘に住みついている。
でもチェロを弾かせると人が変わったかの様になる。

すずめがこのカルテットに入ったのには、実は訳があったのです。

満島ひかりさんといえば2013年に主役をつとめたドラマ『Women』が印象強いです。
でも、主役でなくても、満島さんの出で立ちと、演技力には圧倒されるものがありますね。

『カルテット』では無職でマイペースな役を演じる満島さん。
松たか子さんとは今回初共演だそうで、2人がどんな絡みになるのか楽しみですね。

別府司役(松田龍平)

ドーナツ会社に勤めながらヴァイオリンを弾いている、第二ヴァイオリン奏者。4人の中ではリーダー的存在。

裕福な家に育ち、皆の拠点となる別荘も司の祖父が所有するものです。
そんな家柄の司にも人には言えない秘密があった。

松田龍平さんは今回TBS系でのドラマは初出演になるそうです。

松田さんは1999年にデビューしてからずっと映画に出演されていました。
ドラマに出るようになったのは2007年だそうです。

最近では『営業部長 吉良奈津子』で個性的な役柄を演じていましたね。

『カルテット』ではヴァイオリン奏者という難しい役になります。
松田さんがヴァイオリンを奏でるとどんな感じになるのか、早くみたいものです。

家森諭高役(高橋一生)

ヴィオラ奏者の諭高。理屈っぽく、周りからは変わり者とおもわれている。

高橋一生さんは本当にいろいろな役を演じている方ですよね。
役によっては高橋一生さんだと分からないぐらいの時があります。

最近のドラマでは『僕のヤバイ妻』や『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』
でも、個性的な役柄を演じていましたね。

高橋さんは既に10歳から芸能活動をされていました。
既に芸歴24年のベテラン俳優さんです。

『カルテット』でも、期待通りの変わり者という役柄と、高橋一生さんには凄く似合うだろうクラッシックの世界観をどう演じるのか、楽しみです。

『カルテット』とはクラッシックの世界の言葉で、四重奏の事を言います。
音楽での四重奏と男女4人の恋愛での四重奏。

冬の軽井沢で繰り広げられるラブストーリーとヒューマンサスペンス。
楽しみなドラマになりそうですね。

以上、『カルテット』のキャストについて書きました。

スポンサーリンク