カルテット 感想 2話

カルテット

2017年1月期のTBS火曜ドラマ『カルテット』。次第に明かされていく4人の謎。第2話では主に司にスポットが当たりました。この記事では、ドラマ『カルテット』2話の感想や見逃し配信の無料視聴方法について紹介します。

  • ネタバレあります。

 

スポンサーリンク


ドラマ『カルテット』2話の感想

待ちに待った『カルテット』第2話、今回もいろいろな要素満載でしたね。何気ない台詞のひとつひとつに意味がこもっていて、いい意味で重みを感じるというか、見終わった後にふと思い出して考えてしまうような言葉が本当に多いドラマだなと思います。もちろん、くすっと笑ってしまうようなことも含めてです。

その辺りの明るさと暗さのバランスが絶妙で、現代風ではあるけれどこれこそ“ザ・ドラマ!”という印象があって、2回目にして早くもはまってしまいました。そこで、今回の面白かった場面をいくつかピックアップしてみます。

家森諭高(高橋一生)の行間講座

まず、家森さんによる“行間”講座。これはもう、のっけから笑ってしまいました。みなさん一度は経験したことがあるであろうお誘い&返答あるあるでしたね。「行けたら行く、またこちらから連絡します」の件は言い得て妙。

誰もが思っているであろうことをずばり説明をしてくれた家森さんに何度も頷いてしまいました。

真紀と司の会話

そして巻真紀さんと別府司さんの会話。司さん、真紀さんのことを以前から知っていたんですね。軽くストーカー行為をしていたのには驚きましたが、不思議といやらしい感じがしないのは演者である松田龍平さんのお力なのでしょう。

ここでの真紀さんの「いなくなるのは消えるということではなく、いない状態がずっと続くこと」という部分はずしりとくるものがありました。夫さんが失踪した真相がわかっていない中で、真紀さんがずっと抱えている感情が画面から伝わってくるようで、胸が締め付けられるような気持ちになりました。

ただ、不倫がいけないこととしても司さんに悪気があるわけではないんですよね。まあそこが“ずるい”部分の表れなのかもしれませんが。

そんな司さん、九条さんの結婚式では今までの思いを整理できたのか、立派に演奏をしてくれましたね。その後のカラオケでのシーンで「結局女は先に卒業する」なんてことを家森さんが言ってましたが、まさにその通りで九条さん、大人でしたね。

まだ大人になりきれていない私は、冒頭の行間案件の解説にすっかりとらわれてしまい、泊まりに行った段階でひと悶着あるのでは?!と少し期待をしてしまいました。その期待はもちろんいい意味で見事に裏切られたわけです。改めて九条さん、大人ですね。

スポンサーリンク


すずめの心境変化

さて、今回はすずめちゃんにも大いに心境の変化が見られました。司さんに好意を持ち始めたのと同時に、真紀さんへの感情にも変化があったのではないでしょうか。今後の鏡子(もたいまさこ)さんとのやりとりも気になるところですね。

余談ですが、コンビニでのアイスのシーンはとてもかわいらしくて胸がきゅんとしました。

ドラマ『カルテット』3話がますます楽しみ!

2話目にしてすでにけっこうな動きが出てきましたね。次回はすずめちゃんの過去が語られるという予告がありましたが、他にもまだまだ気になるところが残っています。カラオケボックスの4人の出会い、真紀さんの夫さんの失踪、そして真紀さんの本性は一体・・・。

今後どのようにして明らかになるのか、来週の放送まで待ちきれません。大人のドラマ『カルテット』、要注目です!

以上、ドラマ『カルテット』2話の感想および見逃し配信動画の視聴方法紹介でした。

この記事はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございました。