カルテット 見逃し配信 8話の動画を見る方法は?

カルテット

【『カルテット』8話の見逃し配信動画を見る方法】miomioやdaylymotionなど、違法アップロードでウイルスの危険性もある動画サイトでなく、無料で安全に見逃し動画を見る方法をご紹介。4人の片思い、真紀の驚愕の事実も明らかになった『カルテット』8話。必見です!

『カルテット』見逃し動画を無料で見る方法

  • 『カルテット』あのシーンやあのセリフをもう一度見たい!
  • 見逃したあの回を見たい!
  • 1話から全話イッキに見たい!

そんなあなたにはTBSオンデマンド「プレミアム見放題」がオススメ!

今ならなんと2週間無料キャンペーン実施中!

⇒ TBSオンデマンド2週間無料トライアルはここをクリック!

『カルテット』8話のあらすじ

わかさぎ釣りに行った真紀(松たか子)、すずめ(満島ひかり)、諭高(高橋一生)、司(松田龍平)の4人。初めは好調に釣れており気をよくしていたが、次第にまったく釣れなくなってため息をつきだす。嫌な雰囲気を変えるため、真紀は昨夜見た夢の話をするが、またもや諭高が持論を展開する。

真紀が離婚したことで、より一層4人での生活は和気藹々としたものに。そんなある日、すずめの司への想いを知る諭高は「真紀さんが離婚してピンチじゃない?」とふっかける。しかしすずめは「真紀と司をくっつけるために協力して欲しい」と諭高に頼み、真紀と司をデートさせようと試行錯誤して……。

全員、片思い完結!?
四角関係の行方は?
そんな中、“最後の嘘”が明らかに……。

引用元:ドラマ『カルテット』公式サイト

カルテット』8話の感想

  • 注意!ここから先はネタバレあります。

⇒ TBSオンデマンド2週間無料トライアルはここをクリック!

ここからはドラマを見る時間が無い!という方向けに『カルテット』8話の感想、9話の予想をご紹介します。

4人の恋愛模様にスポット

真紀さんと幹生さんの件もひと段落し、今回は久しぶりに和やかなスタートとなった『カルテット』。4人の会話、やっぱりいいですね。今までなかなかのボリュームで事件続きだったせいか、この独特な空気感が少し懐かしく、どこかホッとしました。

そしてこの第8話では、4人の恋愛模様にスポットがあたり、主にすずめちゃんの様子がメインとして描かれたお話となっておりました。すずめちゃんファンとしてはうれしい限りでしたが、見終わったあとの切なさと言ったらもう、それはそれは後を引くもので、今でも胸の奥が熱く感じるほどです。

お離婚した真紀さんと別府さんがうまくいくよう、二人の様子を伺いながら、日々小さな動きを見せるすずめちゃん。宅建の資格を持っていたことにも驚きましたが、不動産屋でアルバイトを始め、一見生活は好転しているようでした。

「片思いは非現実」

しかし、ここで効いたのが家森さんの言葉、「片思いは非現実」ということ。自分の好きな人同士がうまくいくことは、理屈ではうれしいことであり、喜ばしいことです。

ですが、感情もその通りついていくかというと、決してそうではありません。別府さんに対する“好きだってことを忘れるくらいの好き”な気持ちと、真紀さんを思う気持ちは彼女にとって簡単に切り離せるものではなく、どちらもとても大切なものです。

それゆえ、彼女自身の“好き”は片思いという夢の中で行き場をなくして迷子になってしまいました。別府さんとご飯を食べて、コンサートに行った後、感想を語りながら笑い合って、コンビニで一緒にアイスを食べている自分は、すべて現実ではなかったのです。

夢から覚め、コンサート会場から出てくる2人を見つめる彼女の寂しく悲しそうで、それでもどこかうれしそうな表情は、見ていて本当に切なく、こちらも涙を流してしまいました。

もしその場にいたら彼女を抱きしめてあげたかったです。すずめちゃんが満島ひかりさんで良かったと改めて思いました。

片思いの「S・A・J」三段活用

そして今回、この方も黙っておりませんでした。みんな大好き・満を侍しての家森さんです。

夢の話からS・A・Jの三段活用まで、久しぶりの家森劇場で、また数々の名言が生まれましたね。

彼のわかりにくい片思いも非現実であり、“なかったことにして生きてる”一人なのですね。

このドラマにおける大人の恋愛、坂元節のリアルと切なさにやられっぱなしの第8話なのでした。

ラスト、真紀の衝撃の事実が明らかに…!

さらに、ラストのどんでん返しはただただ驚くばかりで、言葉が浮かびませんでした。またしても、みぞみぞする一週間となりそうです。

『カルテット』9話の予想

すずめちゃんと家森さんの片思い、4人の恋愛模様が描かれたお話から一転、信じられないような事実が浮かび上がってきました。

真紀さんは“早乙女真紀”ではない・・・・・・。

刑事の口から語られた、耳を疑うような台詞でしめくくられた第8話。最終幕はとんでもない事件から幕を開けることとなりそうです。

公式サイトや予告映像によると、真紀さんは本当の“早乙女真紀”さんとは全くの別人だということ。警察が彼女について捜査をしているようですが、名前が違うとはどういうことなのでしょうか。

過去に何か事件を起こして、あるいは巻き込まれて本名のままではいられなくなったということなのか、本当の“早乙女真紀”さんと何らかの関わりがあって彼女の名を語っているのか。

幹生さんと結婚する以前から彼女は“早乙女真紀”として生きてきたようですが、そんなに長い間別人として生きていけるものなのでしょうか?

単純な疑問から深いところまで、謎はどんどん増えていくばかりです。

別荘の売却問題も残る中、“早乙女真紀”さんの一件が、カルテットドーナツホール存続を揺るがす事件となりそうな第9話。最後で最大の“嘘”が明らかになったとき、4人はいったいどうなってしまうのでしょうか。

『カルテット』見逃し動画を無料で見る方法

  • 『カルテット』あのシーンやあのセリフをもう一度見たい!
  • 見逃したあの回を見たい!
  • 1話から全話イッキに見たい!

そんなあなたにはTBSオンデマンド「プレミアム見放題」がオススメ!

今ならなんと2週間無料キャンペーン実施中!

⇒ TBSオンデマンド2週間無料トライアルはここをクリック!