リバース 古川大志のキャストは誰?尾上寛之

リバース

この記事のテーマは【ドラマ『リバース』古川大志役の尾上寛之さんについて】です。

TBS金曜ドラマ『リバース』。深瀬(藤原竜也)と浅見(玉森裕太)が愛媛を訪れた第6話では、広沢の高校時代の親友・古川大志(尾上寛之)が登場。

この古川も深瀬と同じく卑屈で冴えない地味男。7話では深瀬と相対します。古川を演じる尾上寛之さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

 

古川大志役、尾上寛之さんのプロフィール

  • 本名:尾上寛之(おのうえ・ひろゆき)
  • 生年月日:1985年7月16日 (現在31歳)
  • 出身地:大阪府茨木市
  • 所属事務所:鈍牛倶楽部

「鈍牛倶楽部」ってすごい名前ですね。

なお鈍牛倶楽部の所属俳優さんにはオダギリジョーさん、田中哲司さん、西田尚美さん、小林稔侍さん、堀部圭亮さん、光石研さんら錚々たる顔ぶれが並んでいます。

出身高校は金光大阪高等学校。野球、サッカーが強くて有名な高校です。

スポンサーリンク

尾上寛之さんの芸歴


子役出身だけあって、Wikipediaを見るとすごい出演歴!

ドラマ、映画だけでなく舞台、ラジオドラマ、CMなど幅広く活躍しています。

子役としてスタート。デビューは1993年の映画『子連れ狼 その小さき手に』。チョイ役と思われますが村の子供役として出演。

1993年ということは8歳くらいですね。

続く1994年にはNHK朝の連続テレビ小説『ぴあの』にも出演しています。この作品が初のレギュラー。

『ぴあの』懐かしいですね。どんな内容だったかは忘却の彼方ですけど(^^;)ヒロインの子(純名里沙さん)がいつも歌っていた歌は不思議と記憶に残っています。

現在放送中の『ひよっこ』にも出演中。ヒロインみねこ(有村架純)の幼なじみ角谷三男の兄・角谷太郎を演じています。

尾上さん、朝ドラ出演はこれで7作目とのことでかなりの常連さんです。

まだ30そこそこの若さながら、名バイプレーヤーの道まっしぐらという感じでしょうか。こういう渋くしぶとく生き残る役者さんは大好きです。

その他膨大な出演歴の中からごく一部をピックアップしておきます。

『ROOKIES』(2008年)にも今岡忍役で出演。

『龍馬伝』(2010年)では伊藤俊輔(のちの伊藤博文)役で出演。

『殿、利息でござる!』(2016年)

『3月のライオン』(2017年)

スポンサーリンク

『リバース』7話(5/26)で古川大志は何を語るか?

広沢の実家に泊まる深瀬に恨みを抱いている様子の古川。

誰も相手にしてくれなかった高校時代。唯一の友人だった広沢が死んだのは、深瀬ら大学のゼミ仲間のせいだと恨んでいる模様。

6話のラストでは、深瀬と出会いあわてて逃走。深瀬と古川、二人のどんくさい追いかけっこはシリアスな場面のはずなのにちょっと笑ってしまいました。

迎える第7話では、古川は10年溜め込んできた怒りを深瀬にぶつけるようです。

そして深瀬は、自分の知らない広沢の一面を知ることに。

古川は一連の事件にどの程度関わっているでしょうか?

物語のカギを握るこのシーン、藤原竜也さんと尾上寛之さんが「冴えない男二人の直接対決」をどのように演じるのか。見ものです!


以上、【ドラマ『リバース』古川大志役の尾上寛之さんについて】書きました!