リバース 8話 窪田正孝&杉咲花 いつ・どこ?どんな役?

リバース

この記事のテーマは【ドラマ『リバース』コラボ企画!窪田正孝&杉咲花 湊かなえ作品つながりで出演☆】です。

先日、リバースの公式サイトで、窪田正孝さん&杉咲花さんが出演されることが発表されました。2人がいつ、どこで、どんな役で出演するのか?ドラマ放送前に窪田さんと杉咲さんについて徹底的にまとめました!

  • ブログ管理人追記:6/2の第8話では窪田さん&杉咲さんの出演はなかったようです(><)私、ドラマ公式SNSの告知で、てっきり8話に登場するものと思い込んでしまいました。失礼しました。第9話以降の登場となると思われます。

しいさん

スポンサーリンク

湊かなえ作品つながりって?

リバース』は、湊かなえさんの作品であることは、ご存知の方も多いかと思います。

実は、以前にも同じくTBS系列金曜10時に湊かなえさん作品の夜行観覧車』『Nのためにが放送されていたのです。

その『夜行観覧車』『Nのために』のドラマに出演していた窪田正孝さん&杉咲花さんが、なんとこの度、当時の役で出演されるそう!

リバースのプロデューサーを務めている新井順子さんを始め、その3本はスタッフさんも全て一緒。

『夜行観覧車』は2013年、『Nのために』は2014年の作品ですが、時間が経っても、お互いに心地良い撮影だったようです。

でも、この2作品、見てない方もいますよね…?

そこで、『リバース』8話を見る前に、お2人がどんな役だったのかおさらいをしておきましょう!

スポンサーリンク

窪田 正孝さんってどんな人?


『リバース』に出演と発表された後、SNSで大反響だった窪田 正孝さん。

もともと、窪田正孝さんの演技力は高評価で、『Nのために』では、ひきこまれる演技に夢中になった人続出!そんな窪田正孝さんについて見ていきましょう。

窪田 正孝さんの経歴

窪田正孝さんは、1988年生まれの現在28歳。

神奈川出身で、元々芸能界には興味がなかったそうですが.母親の勧めで、オーディションを見つけて応募し、事務所に入所したとか!お母様は、彼の才能に気づいていたのでしょうかね。

そして、2006年に『チェケラッチョin Tokyo』主演デビュー。デビュー作品で、主演って凄いですよね!普通はチョロ役で、一瞬出れればいいぐらいなのに、まさかの主演!!

その後も、次々にドラマや映画に出演し、ヨコハマ映画祭では最優秀新人賞、高崎映画祭では最優秀助演男優賞を受賞するほど。

よく、代表作としてら挙げられるドラマはこちら。

【ドラマ】

  • 『ケータイ捜査官7』
  • 『SUMMER NUDE』
  • 『花子とアン』
  • 『Nのために』
  • 『デスノート』

イケメンですし、とにかく目で訴えかけるような演技は本当に役者さんとして素晴らしいです!これからも、注目の若手俳優さんです。

『Nのために』の窪田さんの役

『Nのために』は、出てくる主要人物、全てにNのイニシャルがつきます。

  • 杉下 希美(榮倉奈々)
  • 成瀬 慎司(窪田正孝)
  • 安藤 望(賀来賢人)
  • 西崎 真人(小出恵介)
  • 野口 貴弘(徳井義実)
  • 野口 奈央子(小西真奈美)

簡単に言うと、このNのメンバー達がNのメンバーの為に動いていたドラマ。原作も読みましたが、ハッキリと描かれていない部分も多くあり、読者任せのところもあります。

しかし、湊かなえさん特有のゾクゾクさせる部分が多々あり、かなり面白く描かれています。

あまり言うとネタバレになってしまうので、興味ある方は小説から是非!

窪田正孝さんが演じたのは、成瀬 慎司(なるせ しんじ)。心優しく、落ち着いた性格だが、真面目すぎるのが玉にきず

大学4年生という設定で、フレンチレストラン「シャルティエ・広田」でアルバイトをしています。

主人公の希美(榮倉奈々)とは、田舎町の高校の同級生。成瀬は島で一番の料亭「さざなみ」の一人息子ですが、何者かの放火によって店と家が一瞬で奪われてしまいます。

進学も諦めていましたが、希美の助け(村で1人しか奨学金を貰えないが、希が譲った)で、東京の大学に進学します。

そして、22歳の冬、希美を助けるため「ある計画」に関わります…。

窪田さんのコメント☆

【成瀬慎司役 窪田正孝さん】

『Nのために』と全く同じチームでとお聞きしていたので、「何が何でもやりたい! 皆さんに会いたい!」という気持ちで来ましたが、実際に現場に入ったらものすごく緊張しました。

また湊かなえさんの作品の同じ登場人物で出演させていただくのはすごく光栄で、数年前の『Nのために』の頃を思い出しました。
(成瀬を再び演じてみて)いざ芝居となるとやっぱり緊張しますし、久しぶりの方言という条件を与えられると…頭の中セリフでいっぱいで、「やばいやばいやばい!」と感じていました(笑)。

引用元:http://www.tbs.co.jp/reverse_tbs/news/#guest2

スポンサーリンク

杉咲 花さんってどんな人?

味の素 Cook DoのCMで回鍋肉を食べる子と言ったら、皆さん分かるのではないでしょうか?お団子頭で、ぐっさん(山口智充)と共演していて、美味しそうに食べるあの女の子です!

そんな彼女、昨年は様々な賞を受賞する程の演技の実力者。早速、調べてみましたよ!

杉咲 花さんの経歴

杉咲花さんは1997年生まれの現在19歳。

子役時代はスターダストプロモーションに所属していたようですが、中学生で改めて女優を志し、研音のオーディションに応募し、見事そのまま所属。

これに伴い芸名を杉咲花に変更したので、この“杉咲花”という名は本名ではないそう!

まだ10代の彼女ですが、2016年の映画『湯を沸かすほどの熱い愛』で、日本アカデミー賞で最優秀助演女優賞新人俳優賞を受賞するほど!そんな彼女の代表作がこちら。

【テレビドラマ&映画】

  • 『夜行観覧車』
  • 『MOZU』
  • 『トイレのピエタ』
  • 『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』
  • 『湯を沸かすほどの熱い愛』

まだまだ若い女優さんですので、これから、益々期待が高まります!

『夜行観覧車』の役

『夜行観覧車』のあらすじは、誰もが憧れる高級住宅街“ひばりヶ丘”での出来事を描いた作品。そこに住む遠藤家、高橋家、小島家の3つの家族を中心に描かれています。

そんな幸せそうな家族たちですが、歯車は少しずつ狂い出し…。

杉咲花さんが演じたのは、中学受験に失敗した遠藤家の娘・彩花。

その後、公立の学校に進みますが、小学校からの友達・村田志保(吉田里琴)にイジメられるようになり、彩香は家庭内暴力に走るように…。

いじめにより性格が豹変していくという難しい役がかなり評判だったようです!

杉咲 花さんのコメント☆

【遠藤彩花役 杉咲花さん】

(話を聞いたときは)びっくりしました! でもまた久しぶりに『夜行観覧車』のときの皆さんとご一緒できるのが本当にうれしくて。

(彩花を再び演じてみて)やっぱり楽しかったです。

彩花が大きくなったということで、どういう風にすればいいかな…と迷ったりもしたのですが、実際現場に立ってみると、塚原監督や新井プロデューサーや皆さんがいらっしゃって、「あ! こうやればいいのかな?」と感覚を取り戻したような感じになり、楽しめました!

引用元:http://www.tbs.co.jp/reverse_tbs/news/#guest2

 

2人の出演シーンはいつ、どこ、どんな役?

窪田正孝さんと杉咲花さんがいつ、どこで、どんな役で出るのか。

情報をみつけました!

窪田正孝さんは、深瀬の恋人・美穂子(戸田恵梨香)が勤めるパン店の客!

杉咲花さんは、は深瀬が訪問先の会社で出会う役!として登場⁈

SNSでの予告

インスタの写真にミカンと映る杉咲花さんが投稿されていました。

 

引用元:https://instagram.com/p/BUlfL4RhkRq/

2.深瀬たちに混じってキャンプ?

インスタの投稿に、「キャンプをしているのは誰でしょう?」とありました。すごーく遠目に撮ってある写真なので、確認できないのですが…。

キャンプなんて原作になかったですし、おそらくドラマオリジナル。と言うことは、深瀬たちに混じって、窪田正孝さんも?

引用元:https://instagram.com/p/BUvj-8-BnT4/

『リバース』では以前の放送でも…!

同じスタッフさんが手がけているドラマということで、『リバース』では、『Nのために』で使われていた小道具や名前がチラホラ出てきています!

(公式サイトで発表されている以外にも、隠されていそうですが、確認が取れているものだけ紹介します。)

【部室のロッカー】

こちらのロッカー、名前に注目です!

名前が、“成瀬”“杉下”“安藤”!

もはやドラマスタッフの愛ですね。

【将棋盤】

将棋盤といえば、『Nのために』

将棋つながりで、希は野口夫婦との縁がありましたからね…。

【さざなみ】

成瀬の実家(火事でなくなってしまいましまが…)は、“さざなみ”という料理店

ここまで来ると、本当に『リバース』のスタッフさん達、視聴者のために、素敵なドラマを創り出そう!という熱意が伝わってきますね。

さて、肝心のコラボ計画。

どこで、窪田正孝さんと杉咲花さんが出て来るか注目です!!!


以上、【ドラマ『リバース』コラボ企画!窪田正孝&杉咲花 湊かなえ作品つながりで出演☆】について書きました。

この記事はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございました。