リバース【ドラマ】湊かなえ(原作)ってどんな人?

リバース

この記事のテーマは【ドラマ『リバース』原作者・湊かなえ】です。代表作『告白』で有名になり、その後もドラマや映画化と次々にヒット作を生み出している小説家の湊かなえさん。

4月からは藤原竜也さん主演のドラマ『リバース』も始まります。そこで、湊さんとは一体どんな方なのか、調べてみました!

しいさん

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

告白 [ 湊かなえ ]
価格:668円(税込、送料無料) (2017/3/27時点)

リバース原作者 湊かなえの生い立ち

4月ドラマ『リバース』原作者の湊かなえさんは1973年、広島県因島市の柑橘農家の長女として誕生しました。

空想好きの子どもだったようで、何と、小中学校の頃には既に江戸川乱歩や赤川次郎の作品などに親しんでいたそうです。学校の図書室では、漫画しか手に取っていなかった自分と大違いです。

その後、武庫川女子大学家政学部被服学科へ進学し、卒業後はアパレルメーカーに就職します。

また、青年海外協力隊隊員としてトンガに2年間赴任していたこともあるそう。

その後は淡路島の高校で家庭科の非常勤講師として勤めています。

なるほど、湊さんの小説には、学生や学校のテーマが多くあるように感じていましたが、先生を職業にされていたとは…納得ですね!

スポンサーリンク

結婚、出産を経て小説家へ

様々な職業や経験を経て、27歳の時に結婚し、28歳の時に第1子を出産しています。

その後、子育てをしつつも、何か新しいことに挑戦したいと脚本、小説の投稿を始めたそうです。

第1子の子育てで大変な時期に、そんなポジティブに行動できる湊さん…本当に凄いですね!

淡路島にて、昼は主婦業をこなし午後10時から午前4時ごろまで執筆に励む日々だそう…。そんな生活で、湊さんはいつ寝ているのでしょうか…?

作家だけではなく、人としても尊敬できるところが多そうです!!

ちなみに、多くの小説を書いている湊さんですが、執筆前には、どんな脇役でも履歴書を作っているそうです。

「履歴が決まれば人物が動いてくれる」というモットーで、徹底した登場人物の性格付けを行っているとか。是非その役の履歴書とやらを見てみたいですね!

スポンサーリンク

”イヤミスの女王”と呼ばれ

“イヤミス”とは「読んだ後に嫌な気分になるミステリー」の略のことを指します。

代表作『告白』が出た頃から多く使われるようになり、“イヤミス”という言葉を流行させたのは、湊かなえさんと言っても過言ではないでしょう。

イヤミス作品は、最後に嫌な気持ちになるけれどなぜか読み返したくなるという中毒性が高く、そこからファンになる方が多いといいます。私もその1人であるわけですが…。

『リバース』紹介

今回、ドラマ化される『リバース』、は、湊さんの作品の中でも比較的新しく、2015年に講談社から発売されています。

ドラマ化するにあたってからなのか2017年3月に文庫本も発売し、発売翌日には重版され、ヒット作となっています。私が立ち寄った本屋さんでも、発売日翌日には既にベストセラーとして紹介されていました。

原作は、深瀬和久(主人公)の彼女のもとに「深瀬和久は人殺しだ」という告発文が届き、そこからストーリーが始まります。

深瀬は、初めてできた親友の死について、過去を遡っていき、最後にたどりついた結論は・・・。

こちらの作品も、最後の最後に何とも言えない気持ちになるイヤミス作品になっています。

『リバース』というタイトルに、「戻る、さかのぼる」という意味が含まれており、読者は必ずまた読み返したくなる作品です。

先日発売された文庫本だと、話自体は330ページと小説にしては割と短いので、あっという間に読めてしまう作品で、何度でも読めてしまいます!

ドラマでは、この主人公を藤原竜也さん、彼女を戸田恵梨香さんが演じるとのことで、豪華キャストにも注目が集まっています。

スポンサーリンク

現在までの有名な作品

湊かなえさんの作品のうち、現在までにドラマ化、映画化されたものをリストアップしてみました。

―映画化されたもの―

  • 告白(主演:松たか子)
  • 北のカナリアたち(主演:吉永小百合)
  • 白ゆき姫殺人事件(主演:井上真央)
  • 少女(主演:本田翼・山本美月)

―テレビドラマ―

  • 贖罪(主演:小泉今日子)
  • 高校入試(主演:長澤まさみ)
  • 夜行観覧車(主演:鈴木京香)
  • Nのために(主演:榮倉奈々)
  • リバース(主演:藤原竜也)

などが挙げられます。

主演の方々を見ると、実力女優さんばかりですね。

個人的には、やはり『告白』が一番印象的でした。

初めて湊さんの作品で読んだのが『告白』だったのもありますが、「愛美は死にました。しかし事故ではありません。このクラスの生徒に殺されたのです」と女性教師によるホームルームでの告白から始まり、どんどん吸い込まれていきました。

原作を読んだ後に、映画も見ましたが、またリアルに描写されており、松たか子さんの演技に鳥肌が立った程です。

毎年、新作を発表している湊さんなので、ドラマ化や映画されていない作品も次期に世に出ること間違いないでしょう!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

告白 特別価格版 [ 松たか子 ]
価格:2721円(税込、送料無料) (2017/3/27時点)


以上、【ドラマ『リバース』原作者・湊かなえ】について書きました。

人気作家が主婦業の傍ら執筆活動を行っていたなんて、驚きでしたね。

どんな役柄も履歴書を作ってから執筆をしているとのことで、ヒット作を生みだしている理由が少しだけ分かった気がします。

『リバース』のドラマは、原作にはない役柄も多数登場しますので、そのあたりも気になるところです!

この記事はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございました。