東京タラレバ娘 ドラマ 感想 7話

東京タラレバ娘

この記事のテーマは【ドラマ『東京タラレバ娘』7話の感想】です!伊豆で再起を図る倫子。小さな仕事でも懸命に頑張るその姿に、早坂の倫子への想いが再燃!?終盤に向けて盛り上がってきました!

この記事はM(えむ)さんが担当してくれました!

⇒『東京タラレバ娘』の見逃し配信動画を無料視聴(Hulu)

スポンサーリンク

ドラマ『東京タラレバ娘』7話の感想

今回の舞台は北伊豆。恋愛メインで進んでいたこれまでの話とは視点が変わって、倫子ちゃんのお仕事にスポットが当たった回となりました。脚本家としてこの先やっていけるのか、辞めることも視野に入れしばらく思い悩んでいた彼女でしたが、ここにきて早坂さんが助け舟を出してくれました。

倫子、原点回帰

一見すると小さな仕事であったため、最初はあまり気乗りしなかった様子の倫子ちゃんでしたが、依頼者である地元の方々と接していくうちに気持ちに変化が訪れたようで、完成していた脚本を書き直したいと申し出ました。

「いつの間にか何に対しても、否定から入る癖がついて、大事なことを忘れてた」と、脚本家としての情熱に再び火がつき、作業に没頭する彼女、そしてADとして撮影の最中動き回る姿は目を見張るものがありました。

書き上げた台本には、東京での生活で感じた彼女自身の気持ちも反映されており、町おこしとしてはもちろん、映像作品としても素敵なものとなっていましたね。

スポンサーリンク

再び恋のチャンス!

そして、再び恋のチャンスも見えてきました。初回から今までひたすらいい人だった早坂さん、倫子ちゃんに半ば告白のような形で思いの丈をぶつけていました。

自分には手が届かないと言った時の彼、切なかったですね。倫子ちゃんに振られてから今まで、8年の間に様々な葛藤があったのでしょう。

対する倫子ちゃんも、ここにくるまでいろいろな道のりを経て、早坂さんへの思いも変化してきました。ようやく二人が結ばれるタイミングとなったのか、次回注目のポイントですね。

小雪、父から諭される

一方、小雪ちゃんにも事件勃発です。丸井さんとの不倫がお父さんにとうとうばれてしまいました。お父さん、過去に自身の浮気が原因で離婚してしまったという経緯もあり、ショックがより大きかったんですね。

ただ純粋に、幸せになってほしいと願うお父さんの言葉は、小雪ちゃんにも少なからず響いたようです。

スポンサーリンク

丸井さん、あなたって人は…

丸井さんにも多少同情する部分はあったものの、やはり子供っぽいというか、周りに対する配慮に欠けているというのが個人的な印象です。

どこまで行っても不倫は不倫、奥様とお子さんたちのことをもう少し真剣に考えて、大人らしい結論を出してほしいところですね。

その前に、小雪ちゃんの方から離れることができればそれに越したことはありません。こんな時に新たな救世主(もちろん独身の!)が現れてくれれば……!なんてことを思いつつ、この二人の今後を引き続き見守っていきたいと思います。

さて、次回はまた恋愛パートが動き出しそうな雰囲気ですね。倫子ちゃんと早坂さんのその後、そしてなんと香ちゃんが妊娠!?ひと段落にはまだまだ遠い3人娘、第8話も見逃せない展開となりそうです。


以上、ドラマ『東京タラレバ娘』7話の感想(担当:Mさん)でした。

この記事はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございました。

東京タラレバ娘 の動画を安全&無料で見るには

日テレドラマは動画配信サービスの「Hulu」(フールー)で見逃し配信があります。

CMでおなじみのこのHulu、今なら“2週間無料お試し”を実施中!

14日間、見逃した回を含めドラマや映画が見放題です。登録はほんの3分ほどでできますよ。

⇒ Hulu で見逃し動画を視聴する