奪い愛、冬 キャスト ダレノガレ明美

奪い愛、冬

2017年1月20日(金)11:15にスタートする『奪い愛、冬』。倉科カナさんと三浦翔平さんが主演のドロドロ愛憎ドラマ。この記事では、メインキャストとして登場するダレノガレ明美さんのプロフィールとダレノガレ明美さんの役どころについてまとめました!

スポンサーリンク


『奪い愛、冬』キャスト ダレノガレ明美

ダレノガレ明美さんは、1990年7月生まれの26歳です。ファッションモデル、タレントとして活動しています。

ブラジルサンパウロで、日系ブラジル人の父親とイタリア人の母親の間に生まれましたが、幼い頃に両親が離婚。兄、姉がいる彼女。3歳の時に母親が再婚し、現在日本に住んでいます。

2012年から2015年まで『JJ』のモデルとして活躍していたダレノガレ明美さん。彼女をバラエティー等で観ている人も多いのでは。あけっぴろげに自分の事を話したり、歯に気に着せぬ物言いが印象にありますよね。

タメ口キャラとしても知られています。でも、そんなキャラクターとは違う一面があるようです。番組で、タメ口を話した後は必ず謝りに行くそうなのです。仕事の時とは違い、普段は、敬語を使っているという噂ですよ。

やはり、お仕事をたくさんしている人は、周りの人から好感をもたれる行動をしているのですね。

昨年、彼氏と別れたと言われている明美さん。人気者だけにいろいろと取り上げられてしまいますよね。とっても綺麗な彼女。きっと今年は、素敵な出会いが待ってますよね。

スポンサーリンク


『奪い愛、冬』キャスト尾上礼香役・ダレノガレ明美

ダレノガレ明美さんが演じるのは、康太(三浦翔平)の幼なじみである尾上礼香(おのうえ・れいか)です。

尾上礼香(おのうえ・れいか)は、康太とは、大学時代に付き合っていたという間柄。うーむ、ここには相当大きな火種が仕込んでありそうですね!

康太の母の美佐は息子と結婚させたがっているくらい、康太の家とは家族ぐるみの付き合いをしています。今後、礼香はどのように光と康太に関わっていくのでしょうか。

イタリア人のお母さん譲りと思われるハッキリとした目鼻立ち。しかもバラエティ番組でみせるあの物怖じしない発言。

感情を爆発させて相手を罵るシーンとか、憎しみをあらわにする表情などは迫力がありそう。ただ、失礼ながら元彼のお母さんから信頼されるタイプではなさそう(笑)

愛と嫉妬が絡み合うこの物語で、ダレノガレ明美さんがどんな表情や演技をみせてくれるでしょうか!

以上、この記事では『奪い愛、冬』尾上礼香を演じるダレノガレ明美さんについて書きました。

この記事はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク