奪い愛、冬 キャスト キムラ緑子 ヒロイン光の母役

奪い愛、冬

1月20日にはじまるテレ朝金曜夜ドラマ『奪い愛、冬』キャスト紹介!ヒロイン光(倉科カナ)の母親役でキムラ緑子(みどりこ)さんが登場します。下町の定食屋を営み女手一つで愛娘を育てた苦労人の役。愛憎ドロドロ劇に翻弄される薄幸な母。そんな難しい役どころのキムラ緑子さんについてまとめました!

 

スポンサーリンク


『奪い愛、冬』キャスト キムラ緑子

キムラ緑子さんは、1961年10月生まれの55歳です。兵庫県淡路島洲本市出身です。旧姓の本名が木村緑子さん(劇作家・脚本家のマキノノゾミさんと結婚され現在の本名は牧野緑子)。

緑子さんが、テレビ番組で故郷を紹介している姿を何度か観たことがあります。とてもいきいき楽しそうに紹介されていましたよ。

数々の作品に出ている彼女。しかし、世間にその名を知らしめたのは、2013年に放送されたNHKの朝の連続テレビ小説「ごちそうさん」ではないでしょうか。

杏さん演じる主人公の「め以子」の義姉の「和枝」をテレビでみた時はとても衝撃をうけました。「あんなに意地悪で怖い義姉がいたら毎日地獄だ!」と思ったものです。

しばらくの間、緑子さんと「和枝」が重なり、意地悪な人だと思って観ていました。実際の緑子さんは、そんな事はないですよ。

後々、バラエティーとかで、面白い緑子さんを拝見し、そこまで視聴者を思わせる緑子さんの演技をすごいと思いました。

スポンサーリンク


『奪い愛、冬』キャスト池内麻紀役 キムラ緑子

キムラ緑子さん演じる池内麻紀(いけうち・まき)は、ヒロイン池内光(いけうち・ひかる)の母親です。

夫を病で亡くし、シングルマザーとして、光を一生懸命育ててきました。

麻紀は、下町の小さな定食屋さんを営んでいます。光は麻紀に、給料の一部を毎月仕送りしています。

母親が経済的に苦しいので助けようとしてくれている娘に対して、申し訳なく思っているのでした。

娘の幸せを誰よりも強く願っている麻紀。奥川康太との結婚にも賛成はしているのですが…。

個性的な緑子さんが演じる母親。早く見たいです。


以上、『奪い愛、冬』メインキャストのキムラ緑子さんについて書きました。

この記事はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク