奪い愛、冬キャスト 秋元才加はどんな役?

奪い愛、冬

2017年1月テレ朝金曜夜ドラマ『奪い愛、冬』。ハイスピードで展開する愛憎ドロキュンストーリー。メインキャストとして出演する秋元才加さんについて書きました!キリッとした顔立ちで目力も十二分な秋元さん。愛と嫉妬が渦巻くこのドラマでいったいどんな表情、感情を見せてくれるでしょうか!

スポンサーリンク


『奪い愛、冬』キャスト 秋元才加のプロフィール


秋元才加さんは、1988年7月生まれの28歳。すらっとしたスタイルに高身長、綺麗な顔立ちの彼女は、日本人の父親とフィリピン人の母親の元に生を受けました。生い立ちを活かして英語が得意です。千葉県松戸市出身。

2006年2月に開催された『第二期AKB48追加メンバーオーディション』に合格した事がきっかけで芸能界にはいります。

同じ年の4月に、AKB48劇場チームK初日公演で公演デビューしました。2010年から、新生チームKのキャプテンに就任。

歌唱力を生かしてAKB48の初の演歌で「カムチャッカ渡り鳥慕情」をサリー秋元として歌っています。

秋元さんの性格は、AKB48のメンバーからは、「男前」で「カッコいい」と言われているそうです。チームKのキャプテンに選ばれたのがわかりますよね。頼れるお姉さん的存在だったのでしょう。

AKB48を卒業してからは、女優さんやタレントさん、レポーターとして頑張っている姿をテレビで見せてくれています。レポーターなどで彼女が出てくるとパッと周りが華やかになり、元気を貰えますよね。

スポンサーリンク


『奪い愛、冬』キャスト 秋元才加演じる豊野秀子とは

そんな彼女が今回、豊野秀子(とよのしゅうこ)という役を演じます。

豊野秀子は、光と康太と同じデザイン会社の社員として登場。光の後輩になります。

社内でも評判がいい、明るい性格。しかし、本当は、康太のことが好きなのです。

表面では光と仲良くしていても、実は二人のの仲を壊そうと画策しています。明るい秋元さんが演じるとよりリアル感がでるかも。

秋元さんが、怖いし、女の厭らしい怖いし部分をどう演じるのか楽しみですよね。


以上、『奪い合い、冬』メインキャストの秋元才加さんについて書きました。

この記事はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク