奪い愛、冬 1話の感想!|1話からドロドロ炸裂で怖すぎる!

奪い愛、冬

2017年1月20日(金)、テレ朝夜ドラマ『奪い愛、冬』1話が放送されました!うわーこれやばい・・・。ドロドロきゅんきゅんって言われてましたけど想像以上!危ない人ばっかりですね・・・!『千と千尋』からチャンネルまわしたんですけどギャップが大き過ぎて目まいがしました(笑)

この記事では、『奪い愛、冬』放送直後に同じ怖い思いした皆さんからいただいた感想を紹介します!

スポンサーリンク


『奪い愛、冬』1話の感想!

第1話の感想その1

今、見終わりました。
想像以上のドロドロでぶったまげてしまいました。
人間関係やその裏の心情などは良く有りそうなんですが、とにかくすべての人の関わり合いが重い
特にニコニコの印象の榊原郁恵さんが一番怖かった。
普通似顔絵をシュレッダーにかけるか!?と思っちゃう位怖かったです。

他にも元彼が消えた原因が事故の責任をとって…、って言うのが後々重たく乗ってきそうだし、
主役の二人に横恋慕している男女がどう動くか(既に女性は動いてますよね)とか…、
見逃せないドラマがまた一つ増えてしまいました。
今からDVD化されないか期待させるドラマですね。
早く来週にならないかな♪

スポンサーリンク


第1話の感想その2

1話、引き込まれながら観ました。展開がベタな部分もあるのですが、過去に愛し合った2人のすれちがいが切なすぎて、今後が気になってしょうがないです。心の中では、無理に今の人と結婚しなくても、過去に愛した人を思い続ければいいのにとさえ、思いました。それぞれ嫉妬に狂うところの描かれ方も怖さを通り越して、ちょっと笑ってしまいました。それはキャラクターの濃さが強かったからだと思います。次回は、いきなり、なぜ2人が別れなければいけなかったのかという核心に触れていくのではないでしょうか。というか、はやく核心部分を見たくてしょうがないので期待しています。

第1話の感想その3

結婚の報告に康太の家を訪れる光に康太を溺愛する母親が登場!康太の元カノを連れてきたり、光に対し暴言を吐くのが怖い…。そして康太のことが好きな秀子は、康太に光の元カレのことを話したり、信の妻の蘭は夫の帰りが遅いからと狂ったり…。1話から怖すぎますが、ドロドロな大人なドラマになってると思います!来週も楽しみです。

第1話の感想その4

最初は幸せな感じで始まったのにどんどん不穏な方向に進んでいく展開から目が離せませんでした。昔の昼ドラを思い起こさせるドロドロ具合にとてもヒヤヒヤします。怖く不気味な康太の母親や信の妻などの動向も気になり、女同士のバトルは回避できそうにありません。現実離れしているように見えてどこかリアリティのあるストーリーを楽しみに次週を待とうと思います。

第1話の感想その5

題名が気になり見てみました。恋人、夫婦の奪い合いかと思いきやお母さんが息子の恋人に対する嫉妬まで(笑)改めて女の嫉妬の怖さを実感しました。倉科カナちゃんの役だけが嫉妬とは今のところ無縁な感じでしたね。元カレに嫉妬とかあるあるだろうな〜と思って楽しく拝見させていただきました。嫉妬塗れにうんざりしながら来週も見ちゃうんだろうなぁ…

第1話の感想その6

どろどろした大人のラブストーリー。不倫が大流行の昨今です。この手のストーリーには興味を惹かれます。主演は倉科カナさん。ピュアなイメージの倉科さんが,こんな大人のドラマで主演するとは…。驚きましたが,意外にもハマってます。このドラマ,登場人物がほとんどすれ違いの愛を抱えている所が面白いです。光と康太,信と蘭,康太を想う礼香と秀子,さらに光を想う玄。誰がどのように奪い愛するのか。今後が楽しみです。

第1話の感想その7

第一話から、起承転結の起承転まで入れてきたなぁというのが私の初感です。
サスペンスチック、昼ドラのドロドロ感満載の金曜日ナイトドラマだなぁと思いました。
私の意外だなぁというか、びっくりしたところは、
ダレノガレ明美さんが演じる尾上礼香です。
ダレノガレ明美さんのキャラクターとは、真逆と言ってもいいほどかけ離れたキャラクターを演じていたので、驚きもあり、普段見られないような姿なので少し楽しみだなぁと思いました。
やっぱり康太と光に幸せになってほしい!と思ってしまいました。

スポンサーリンク



以上、金曜ドラマ『奪い愛、冬』1話を見終わったばかりの皆さんからいただいた感想の紹介でした!

ぶっ飛んだ登場人物だらけですが、中でも水野美紀さんと榊原郁恵さんはできれば近くに寄りたくないです・・・あー怖い!。

これから一体どうなってしまうんでしょう?

怖いもの見たさで2話も見てしまいそうです。

この記事はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク